ワンダーランドワンダーランド

ワンダーランド

2019年4月13日~9月22日

時代を超えて愛される、アリスの大冒険の物語。 ルイス・キャロルが描いた不朽の名作を記念した、あらゆる年代の方にお楽しみいただけるこの遊び心あふれる体験型の展示で、あなたもウサギ穴に飛び込み『ワンダーランド』の冒険へ出かけましょう。

ポップカルチャーを通して、アリスの冒険を追体験できるユニークな展示です。鏡を通り抜けると、そこは驚きの連続のワンダーランド! ワクワクの好奇心が、あなたを未知の世界へ誘います。舞台セットや大胆なインタラクティブアート、思わず惹きつけられる小道具セット、音響と映像を駆使した作品などを豊かに織り交ぜた『ワンダーランド』展。驚きの連続が繰り広げられる「不思議の国のアリス」のマジカルな世界をぜひこの機会に体験してみてください!

1世紀を超えて愛されてきた「不思議の国のアリス」の物語。様々なアーティストや映像作家たちは、アリスをどのように描いてきたのでしょう? ぜひご覧ください。1865年の刊行以来、人々の想像を掻き立ててきた不思議の国のアリス。これまでに、40本以上の映画や30本以上のテレビ番組が制作され、多くの視聴者を楽しませてきました。サブカルチャーアイコンとして、ミュージックビデオやテレビゲーム、高級ファッション、広告などにも登場しています。初版本、デッサン、オリジナルのコスチューム、映像、プロジェクターの原型といわれるマジックランタン、アニメーション、操り人形など300を超える芸術品やオブジェなど、当時の珍しい資料や道具を集めた素晴らしい展示をご覧ください。

オーストラリア映像博物館(ACMI)がお届けするこの画期的な『ワンダーランド』展は、先日米国のボストンで開催された第23回MuseWeb カンファレンスで、2019年のGLAMiアワードのベストショー賞ならびに展示メディア体験賞: イマーシブカテゴリー賞を受賞しました。そして、この受賞展示の世界ツアーの最初の地に選ばれたのがアートサイエンス・ミュージアムです。

あなたをワンダーランドのキャラクターに例えるとしたら?

いつも時計を見ながら急いでいる白ウサギ? それとも、すべての帽子にパイを入れる、いかれ帽子屋のマッド・ハッター? とにかく命令ばかりしている女王陛下? それとも、チェシャ猫のようにミステリアスなタイプ? アートサイエンス・ミュージアムのFacebookメッセンジャーのクイズに答えて、自分にぴったりなキャラクターの「失われた地図」を頼りに展示をお楽しみください! クイズはこちら

ザ ロスト マップ オブ ワンダーランド

「ザ ロスト マップ オブ ワンダーランド」は、『ワンダーランド』展に欠かせないアイテム。展示はもちろん、会場の外でも、驚くような体験があなたを待ち受けています! 会場に入ると、訪問者は白ウサギ、チェシャ猫、女王、帽子屋の4つのマップキャラクターからひとつを選びます。そこから、前進しながら徐々に物語を発見していく『ワンダーランド』の冒険が始まります。

アドベンチャーは展示会場を出た後も続きます。マップに隠れている特別コードを見つけて、「秘密のウェブサイト」に入力すると、映画やテレビのセットで実際に使用されたアイテムや、新コンテンツをお楽しみいただけます。謎解きもあります!

ザ ロスト マップ オブ ワンダーランド

ワンダーランド、ACMI、写真提供: © Phoebe Powell

 
ワンダーランド、ACMI、写真提供: © Anne Moffat

 
「不思議の国のアリス」マジックランタンのスライド(1905~1908)、
W・ブッチャー&サンズ、提供:ニュージーランド国立博物館テ パパ トンガレワ
 
あなたはだあれ?

今のアリスは朝目覚めた時のアリスと同じではありません。そしてもちろん、ルイス・キャロルが生み出したアリスとも違っています。では、アリスって、一体誰?

アリスは優しくて礼儀正しい女の子ですが、怪物のジャバウォックを倒す勇気の持ち主でもあります。また、普段はとてもお行儀の良い女の子なのに、白ウサギの邸宅からトカゲの「ビル」を蹴飛ばしもします。

キャラクターやストーリーを創作したり、世界観を構築していくアクティビティを通して、あなただけのワンダーランドを作ってみてください。そのうち、アリスが誰なのかが見えてくるはずです。

アクティビティはオプションです。『ワンダーランド』鑑賞前でも、鑑賞後でも、どちらでも参加することができます。

ワンダーランド
 
プログラム

一般ガイドツアー

一般ガイドツアー(英語)
ファミリーフライデー 5月3日、10日、17日、24日、6月14日、28日 | 午後3時〜午後4時
5月4日、11日、18日(土曜日) | 午後5時〜午後6時
5月5日、12日、19日(日曜日)| 午後5時〜午後6時
6月1日、8日、15日、22日、29日(土曜日) | 午前11時30分〜午後12時30分
6月2日、9日、16日、23日、30日(日曜日) | 午前11時30分〜午後12時30分
会場: エキシビション入場口、地下2階

一般ガイドツアー(北京語)
5月4日、11日、18日、25日、6月1日、8日、15日、22日、29日(土曜日)| 午後2時30分〜午後3時30分
会場: エキシビション入場口、地下2階

驚き顔のアリスと一緒に、さぁ鏡の中へ。不思議な国で臨場感あふれる体験をお楽しみください。
何が見えるかな? 誰に会うのかな? 発見の鍵となるのは好奇心であることを忘れずに。

*『ワンダーランド』のチケットをお持ちのお客様は無料です。先着順で20名様までご参加いただけます。


 
ワンダーランド トレイル
『ワンダーランド』展からインスピレーションを受けてつくられた、マリーナベイ・サンズの食と冒険のトレイルに出発。
これらの食べ物のうち1つか2つとお飲み物を合わせてご注文いただいいたうえで、展示を鑑賞し、不思議な帽子のハットトリックワークショップにご参加いただくとウサギ穴の中の冒険の楽しさがさらにワンランクアップします。
 
ACMIの『ワンダーランド』展
昨年ACMIで初のオープニングを迎えた『ワンダーランド』展。プレビューはこちらから:
 
パートナーについて
ACMI(オーストラリア映像博物館)


ACMI(オーストラリア映像博物館)

ACMIは世界で最も入場者数の多い映像博物館です。オーストラリアのメルボルンにあり、映画、ビデオゲーム、デジタル文化およびアートを展示しています。ACMIは、今の時代を反映する映像とテクノロジーにスポットライトを当てることで、ものを創造する業界同士の連帯を深めて成長を助け、一年を通してさまざまな展示会、上映会、イベントを開催しています