All Possible Paths: マリーナベイ・サンズのリチャード・ファインマンの好奇心あふれる人生All Possible Paths: リチャード・ファインマンの好奇心あふれる人生

All Possible Paths: リチャード・ファインマンの好奇心あふれる人生

2018年10月20日〜2019年3月3日
人生のあらゆる可能性を探究し続け、多くの発見によって私たち人類の未来に大きな影響を与え続けているノーベル賞受賞者、リチャード・ファインマン。その大いなる好奇心の世界に触れてみましょう。

ナンヤン理工大学とノーベル博物館の協力のもと、アートサイエンス・ミュージアムのキュレーションによる本展示では、ノーベル物理学賞受賞者リチャード・ファインマンの輝かしく多面的な人生をご紹介します。

『あらゆる可能性を信じて』は、この世界の基本的な成り立ちに関する、好奇心を刺激するような内容の展覧会です。近代で最も偉大な科学者の1人であるリチャード・ファインマンの世界へと、来場者を誘います。本展では、量子力学のパイオニアであるリチャード・ファインマンが、世界のメカニズムについての私たちの理解をどのようにして変えていったのか、その研究の道筋を辿ります。ファインマンは、素粒子の振る舞いを図式化した功績により、1965年にノーベル物理学賞を受賞します。物理学の世界を一変させることになるこの図式は、後にファインマン ダイアグラムと呼ばれるようになります。

自然界の謎を解き明かしたいという情熱に衝き動かされたリチャード・ファインマンは、多くの発見を成し遂げました。それらの発見は、私たちのこれからの未来を切り開くカギとなるかもしれません。ファインマンの研究は現代物理学の基礎となるものであり、現代の日常生活を支える重要な数多くの技術革新の基盤となっています。ファインマンの成果は、科学技術が近い将来、量子コンピューティングなどの新たな技術開発を通じてこの世界にもたらすであろう大変革の方向性も指し示しています。

『あらゆる可能性を信じて』では、強烈な好奇心と慣習にとらわれない自由な発想を武器に、アートや音楽なども含め、あらゆる可能性を探究し続けたファインマンの人生を解き明かします。この展覧会は、よくある普通の伝記的展覧会とは全く異なっています。ファインマンの功績が現代の生活に及ぼしている影響の大きさを伝えるため、アートとサイエンスの両方に目を向けるだけでなく、現代的で印象的な展示デザインも取り入れています。展覧会の中心となるのが、現代アーティストたちが手がけるアート展示です。インスタレーション、立体作品、そして体感型のバーチャル展示を通じて、ファインマンの科学の世界の奥深くへと、来場者を引き込んでいきます。個人的な手紙や家族の写真、愛用していたことで有名なボンゴ(アフリカの太鼓)、絵画など、貴重な遺品の数々が、初めて米国外で展示されます。

『あらゆる可能性を信じて』は、リチャード・ファインマンの生誕100周年を記念して開催される展覧会です。今年、カンファレンスやフェスティバルなどの記念行事が世界各国で開催されます。NTUで開催される大規模な科学会議、『Richard Feynman at 100』(10月22日〜24日)もそのひとつです。

リチャード・ファインマンの好奇心あふれる人生をたどって
リチャード・ファインマン
ボンゴドラムを持つリチャード・ファインマン(1956年、写真提供:Caltech Archives)

好奇心あふれる人生

ファインマンは一風変わった人生を送りました。科学者であるだけでなく、彼はアーティストでもあり、音楽家でもあり、教師でもあり、そしてストーリーテラーでもありました。ファインマンが絵を描き始めたのは44歳の頃でした。友人のアーティスト、ジレイア・ゾーティアン(Jirayr Zorthian)との間で交わした、アートと科学の関係についての対話がそのきっかけでした。ファインマンは熱心なボンゴ愛好家でもあり、オーケストラの一員としてミュージカルのためにボンゴを演奏することもしばしばありました。

原子爆弾の開発のための秘密の研究室で、ファインマンは気晴らしに金庫破りをすることもあったといいます。

展覧会の最初のセクションでは、個人的な手紙や家族の写真、愛用のボンゴ、そして愛車の奇妙なバンなどの展示を通じて、ファインマンの人となりを紹介します、数多くの絵画も展示されますが、これは米国外では初の公開となります。

リチャード・ファインマン
講義を行うリチャード・ファインマン氏(1963年、写真提供:Caltech Archives)

偉大なる解説者

ファインマンは人に伝える能力が非常に高い人でした。ファインマンの最大の功績は、もしかすると、科学の楽しさを伝え続けた教師としての活動にあるかもしれません。ファインマンにとって、科学は冒険でした。

考え、学ぶことに対するファインマンの情熱には、人を惹きつける魅力がありました。このセクションでは、コーネル大学でのメッセンジャー講演と、オークランド大学で行われたダグラス・ロブ記念講演を通じて、ファインマンの情熱に触れます。

波は私の本性 リチャード・ファインマン
::vtol::、「wave is my nature」、2015年、ミクストメディア インスタレーション(写真提供:アーティスト)

発見の喜び

このセクションでは、創造性あふれる視覚的な仕掛けによって、量子力学という抽象的な世界への入り口を開きます。地元シンガポールや国外のアーティストたちが、アート作品やインスタレーション展示を駆使して、ファインマンの重要な科学的功績のエッセンスをわかりやすく伝えます。

英国人デジタルアーティストのマーコス・R・ケイ、ベルギー人アーティストのフレデリック・デ・ヴィルデ、タイ在住の日本人アーティスト隅英二、ロシア人メディアアーティストの::vrol::、アメリカのデータビジュアライゼーションの第一人者エドワード・タフテ、そしてnano+artコンペティションから参加した多数のドイツ人アーティストが出品しています。また、マレーシア人アーティストのジュン・オングは、アートサイエンス・ミュージアムと量子技術センターから依頼を受けて今回の展覧会のために特別に作品を制作しました。ジュン・オングは量子コンピューターの仕組みを視覚化した作品を制作しています。

このセクションでは、ファインマンの研究の中核となる6つのテーマについて紹介しています:

  • パートン理論
  • 弱い力
  • 量子電磁気学
  • ファインマン ダイアグラム
  • ナノテクノロジー
  • 量子コンピューター
リチャード・ファインマンの肖像イラスト
リチャード・ファインマンの肖像イラスト

さらに数多くの新たな発見へ

展覧会の最後のセクションでは、研究の功績だけでなく、その人柄でも人々に大きな影響を与えたファインマンの人となりについて紹介します。同僚の科学者から、彼の身の回りの人々、そしてシベリアのトゥヴァと呼ばれる地域の喉歌(ホーミー)の歌い手まで、多くの人々がファインマンから大きな影響を受けました。

ファインマン ダイアグラムは、物理学の再解釈を導き出しました。そして、微視的な世界で起きているあらゆるプロセスを説明する図解として、今後も生き続け、世界中の科学者たちの研究を支え続けていきます。今回、ノーベル賞受賞者のフランク・ウィルチェックがファインマン ダイアグラムを手描きで表現した図を基に、物理現象を描き出した新たなアニメーションが初公開されます。

トゥヴァの人々がファインマンを祝福している様子を収めた珍しいビデオ映像をご覧ください。ファインマンはトゥヴァを訪れることを夢見ていましたが、それはかないませんでした。シャーマンがファインマン ダイアグラムのひとつをかたどった彫刻に祝福を与え、歌い手たちが歌を捧げています。彼らは2つの音を同時に発することができるのです。これは「喉歌(ホーミー)」と呼ばれるテクニックです。

協賛
ナンヤン理工大学

シンガポールのナンヤン理工大学(NTU)は研究活動に特に力を入れている公立大学です。工学部、商学部、理学部、人文芸術社会科学部の学部と大学院、さらには学際的研究大学院を持っており、学部生・院生を合わせた学生の総数は33,000人にも及びます。また、医学部として、Imperial College Londonと共同で設立したリーコンチャン医学校も傘下に置いています。

NTUは、国立教育研究所、S Rajaratnam School of International Studies、地球観測所、環境生物科学工学センターなど、世界レベルの独立研究機関も数多く抱えています。また、ナンヤン環境水処理研究所(NEWRI)やナンヤン理工大学エネルギー研究所をはじめ、様々なトップクラスの研究センターも運営しています。

世界大学ランキングで12位になったNTUは、過去5年間、新しい大学としては世界のトップにランクインし続けています。また、NTUのメインキャンパスは、世界の美しい大学キャンパスのランキングでもほぼ毎年15位以内にランクインしています。



ノーベル博物館

ノーベル賞受賞者たちの勇気、創造性、そして継続力は、私たちに感動を与え、私たちの未来に希望をもたらしてくれます。ノーベル賞は、自然科学部門から文学賞、そして平和賞まで、幅広い分野を対象としているユニークな賞です。そんなノーベル賞の特徴を生かして、ノーベルセンターc/oでは私たちが生きる今の時代を取り巻く大きな問題をテーマにした展覧会や学校プログラム、講演会、討論会などを開催しています。

過去20年間、ノーベルセンターc/oは世界中で巡回展を開催してきました。そして、世界各国の教師の皆さんの協力のもと、好奇心にあふれた数多くの子供たちと交流してきました。同センターは、オスロとストックホルムでの展覧会や国際会議、デジタルチャンネルやアクティビティを通じて、人々の交流を促進していきたいと考えています。そして、現状の打破を試み、新たな問いを投げかけ、新たな発想で思考し、より良い世界を実現するために力を尽くしたいと考えている人々の交流の促進を目指しています。




量子技術センター(CQT)

量子技術センター(CQT)は、シンガポールのリサーチ センター オブ エクセレンスのひとつです。このセンターには、物理学者、コンピューター科学者、エンジニアなどが集結し、量子物理学に関する基礎研究や、量子現象に基づく装置の作成に取り組んでいます。量子技術というこの新たな分野の専門家たちが、その研究成果をコンピューター、通信、センシングといった分野に応用しています。

CQTは、シンガポール国家研究基金とシンガポール教育省の支援を受けて2007年12月に設立されました。シンガポール国立大学によって運営されており、ナンヤン理工大学とシンガポール工科デザイン大学にもスタッフが在籍しています。

貸与者
Caltech

Caltech(カリフォルニア工科大学)は、世界的にも有名な科学技術大学です。最も革新的なツールを備えたこの大学には、世界最高の知力が集結し、基礎科学の研究や喫緊の社会的課題の解決に取り組んでいます。Caltechでは、優秀な教授陣と学生たちが、量子科学からエンジニアリング、生命情報科学、生命の本質、人間行動学から経済学、エネルギー、そしてサステナビリティまで、幅広い分野にわたる研究を展開しています。そして、この世界に対する理解を押し拡げるとともに、未来の技術を発明しています。

Caltechは小さな組織ですが、高度な目標を掲げ、質の高い研究を推進しています。Caltechの教授陣と学生たちの研究は、米国内外で高い評価を獲得しています。そして、38名ものノーベル賞受賞者を輩出しています。NASAのジェット推進研究所(JSL)もCaltechに所属しており、太陽系内の惑星探査を行う探査装置を宇宙に送り込んだり、地球の変化の定量的観測を行ったりしています。また、地震研究所などの大規模な研究施設も運営しており、パロマー天文台やW・M・ケック天文台などで構成される世界的な天文台ネットワークを構築しています。さらに、2016年に世界で初めて重力波の観測に成功したLIGOの共同開設者・運営者でもあります。


リチャード・ファインマンの娘ミシェル・ファインマンは、この展覧会の実現において重要な役割を果たしました。ミシェルは、個人的な手紙や家族の写真、ボンゴ、絵画など、父リチャードの遺品の多くをこの展覧会のために貸し出してくれました。