天空のユートピア天空のユートピア

天空のユートピア

2019年5月25日~9月29日

『天空のユートピア』展は、遊び心あふれるポエティックな展覧会です。エアオブジェクトの歴史をたどりつつ、これまでに、エアオブジェクトがアートや建築として、また社会行動においてどのような役割を果たしてきたのかを探ります。

18世紀、世界で初めて熱気球が天空に舞い上がりました。それ以降、エアオブジェクトは人々の想像力を刺激し、天空に浮かぶ城、空中ラボ、雲上の街などなど、様々なユートピアのイメージを生み出してきました。『天空のユートピア』展では、エアオブジェクトが私たちの集合的想像力に影響を及ぼし続けるその影響力にフォーカスしています。本展では、時代を問わず国内外のアーティスト達による作品40点以上が一同に介し、展示されています。中には体験型ワークショップもあればて展示、過去の作品と現代の作品を並べて展示しています。体験型ワークショップや都市デザインに組み込まれたインターベンションアートもあります。

エアオブジェクトが体現しているのは、その変幻性 - 形のない素材が、突如としてその場の空間を占める物体に変化する、その力そのものです。軽くて持ち運びも簡単、柔らかな素材の特性が、人々の注目を集め、感嘆させるのです。

『天空のユートピア』展では、エアオブジェクトが如何に新たな技術の可能性の扉を開いてきたか、歴史を通して探っていきます。熱気球の発明により、人類は初めて地上から離れ、上空から地球を眺める経験をしました。この重要な新発明が、如何に私たちの世界を変え、そこに生きる私たちの理解を塗り変えたか見ていきましょう。本展示では、20世紀初頭、社会主義者や資本主義者のマスパレードなどにエアオブジェクトがどのように利用されたのか、1960年代に新世代の建築家らがスペースデザインや新しい生活様式への新たなアプローチを探るため、如何にエアオブジェクトを利用したかについて見ていきます。さらに、私たちと環境との関係を再考する上でエアオブジェクトがどのような役割を果たせるかについても考察しています。

エアオブジェクトは楽しい気分にさせてくれるだけでなく、パブリックスペースの再生やコミュニティの構築・参加を促進するものでもあります。その不定形で刹那的なその存在は、既存の権力構造に対抗し、すべては一時的な存在であることを思い出させてくれるのです。

『天空のユートピア』シンガポール展は、アーターバン・ベーレン、ファビアラー・ビアホフ、アナー・ホートジェズ、アートサイエンス・ミュージアムによる共同展示です。

ハイライト
展示とプログラム
コミュニティに参加する

Signals 2.0

『天空のユートピア』展のオープニングプログラムの一環として、アートサイエンス・ミュージアムでは、2019年5月25日にマリーナ湾のウォーターフロントプロムナードで、一般の方にご参加いただけるサイトスペシフィックな実験的パフォーマンスSignals 2.0を開催いたしました。

アーティストグループからはトーマス・エスピノーサとアーサー・ファン・バーレン、Tools for Actionが参加、振付師スーザン・セントラーとのコラボレーションによるこのユニークなナイトパフォーマンスでは、22のエアオブジェクトライトを使い、公の場での集いと集団でのコミュニケーションの新たな形を探りました。ラサール芸術大学でダンスと演劇を専攻する学生と卒業生、マクナリー・スクール・オブ・ファインアーツの学生と卒業生が、ウェアラブルな光のオブジェクトを通して互いにコミュニケーションを取り合いました。

パートナー
本展示は、アートサイエンス・ミュージアムと天空のユートピア財団、neue Gesellschaft für bildende Kunstとの共同開催です

nGbKロゴ

neue Gesellschaft für bildende Kunst (nGbK)

『天空のユートピア』展は、最初、2018年にベルリンのneue Gesellschaft für bildende Kunst (nGbK) で、天空のユートピアプロジェクトグループが企画、展示を行いました。nGbKは、草の根のアート組織として1969年に設立されました。現在ではドイツで最も重要かつ最大のアート団体となっています。nGbKの組織は独特で、会員はテーマの方向性に直接関わることができます。分野を超えたプロジェクトグループの中で展覧会、調査プロジェクト、イベントシリーズ、出版などを展開し、最初のアイデア出しから最終的な実施まで管理していきます。

天空のユートピアロゴ

Stichting Floating Utopias

『天空のユートピア』展を世界ツアーに送り出すべく、2018年にアーティストとキューレターの団体がアムステルダムで「Stichting Floating Utopias (SFU)」を発足させました。この財団が目指すのは、ユニークなのにあまり知られていないエアオブジェクトの社会的影響を明確に示すことです。展示ツアー、教育プロジェクト、アーカイブの充実などにより、SFUは、エアアート、アーキテクチャ、デザインの文化的な歴史と革新的なパワーを紹介しています。

当初の展示は、アーターバン・ベーレン、ファビアラー・ビアホフ、アレキサンダー・ダンスト、アナー・ホートジェズ、ヤンティーン・ローゼンバーグ、ハンナ・ジンデルが企画しました。現在のSFUによるプロジェクトや展示は、アーターバン・ベーレン、ファビアラー・ビアホフ、アナー・ホートジェズが企画運営しています。