アートサイエンス オンスクリーンアートサイエンス オンスクリーン

アートサイエンス オンスクリーン

アートサイエンス オンスクリーンでは、映像や動画、映画を通じて芸術と科学の接点を探求しています。様々な経歴を持つ国内外の映画制作者やアーティストを定期的に幅広く取り上げています。 

今後のプログラムには、アーティストの動画作品の個展や、芸術科学に関する特定のテーマを扱った映画の企画展、長編映画の上映会、マルチスクリーンプレゼンテーション、各分野の専門家や手法を扱った独創的なドキュメンタリーなどが予定されています。

アートサイエンス オンスクリーンは、アートサイエンス・ミュージアムの映像作品展示のメインプログラムであると同時に、マリーナベイ・サンズが国内外の映画文化や映画界に対して行っている取り組みのひとつでもあります。アートサイエンス・ミュージアムの4階では、映画や動画を通じて観る人に芸術と科学へのインスピレーションを与えることを目的として、上映会のほか、著名な映画制作者やアーティストによる記者会見やカンバセーションズ、マスタークラスも定期的に開催されています。

 

現在上映中

アートサイエンス オンスクリーン: センス オブ タイム

アートサイエンス オンスクリーン: センス オブ タイム

2019年1月1日から
入場無料 | 会場: Expression Gallery(4階)

侯孝賢、ホン・サンス、賈樟柯、キム・ギドク、是枝裕和、蔡明亮といったアジアを代表する映画監督たちが、映画における時間のイメージや経験に焦点を当てるために、日常の中の一時停止したような瞬間や、不在や静止の美学をどのように駆使しているかを、その作品を通して考察します。

詳細はFacebookのイベントページをご参照ください。

各作品の具体的な上映日や時間については、Facebookのイベントページをご覧ください。