アートサイエンス オンスクリーンアートサイエンス オンスクリーン

アートサイエンス オンスクリーン

アートサイエンス オンスクリーンでは、映像や動画、映画を通じて芸術と科学の接点を探求しています。様々な経歴を持つ国内外の映画制作者やアーティストを定期的に幅広く取り上げています。

今後のプログラムには、アーティストの動画作品の個展や、芸術科学に関する特定のテーマを扱った映画の企画展、長編映画の上映会、マルチスクリーンプレゼンテーション、各分野の専門家や手法を扱った独創的なドキュメンタリーなどが予定されています。

アートサイエンス オンスクリーンは、アートサイエンス・ミュージアムの映像作品展示のメインプログラムであると同時に、マリーナベイ・サンズが国内外の映画文化や映画界に対して行っている取り組みのひとつでもあります。アートサイエンス・ミュージアムの4階では、映画や動画を通じて観る人に芸術と科学へのインスピレーションを与えることを目的として、上映会のほか、著名な映画制作者やアーティストによる記者会見やカンバセーションズ、マスタークラスも定期的に開催されています。

 

現在上映中



アートサイエンス オンスクリーン: アリスがいっぱい

アートサイエンス オンスクリーン: アリスがいっぱい

2019年4月14日から
入場無料 | 会場: Expression Gallery(4階)

アリスという名前の女の子と一緒に、あなたもウサギ穴へ転げ落ちてみませんか?いかれ帽子屋、チェシャ猫、凶悪な女王など、面白い登場人物と出会う、不思議の世界の大冒険が始まります。特撮効果を用いた1930年代初頭の作品、手描きが美しい1950年代のカラーアニメ、大人な演出とサイケデリックなサウンドトラックという異色なアプローチで物語を捉えた1960年代半ばの作品という、3篇の優れた『不思議の国のアリス』のクラシック映画を上映します。

今後の詳細情報にご注目ください。


各作品の具体的な上映日や時間については、Facebookのイベントページをご覧ください。