シンガポール滞在中に必見、光と水のスペクタクルショー『SPECTRA』

ブロードウェイのヒットミュージカル夜景の美しいルーフトップバーや夜毎賑わうクラブでのナイトライフなど、エンターテインメントが揃うマリーナベイ・サンズ。中でも見逃せないのがマリーナベイ・サンズのプリムナードそばのイベントプラザで、ライトアップされたマリーナベイ・サンズをバックに展開される水と光のシンフォニー『SPECTRA』です。以前は『WONDERFULL - 光と水のショー』と呼ばれていましたが、2年間の製作期間を経て、2017年に『SPECTRA』として生まれ変わりました。多様な噴水技術とコンピュータ制御されたLEDに彩られ、SF映画に入り込んだかのような近未来パフォーマンスは、毎晩無料で楽しめます。
マリーナベイ・サンズの夜景を背に繰り広げられる音と水と光のシンフォニー『SPECTRA』

マリーナベイ・サンズの夜景を背に繰り広げられる音と水と光のシンフォニー『SPECTRA』


光と水のシンフォニー、『SPECTRA』とは

制作に2年を費やしたという『SPECTRA』が他とは一線を画すのは、タイムコードという技術を用い、最新のテクノロジーで1000分の1秒単位で光、水、音がプログラムされていること。また、世界初、高さ12メートルのガラス プリズムを水中に配置し、このプリズムが、光を効果的に反射し、ショーのダイナミックさを高めています。音楽は、シンガポール出身のケン・C・ボーンが担当。多文化国家シンガポールが現在のコスモポリタンな都市へと変遷を遂げるまでの歴史が4幕に分け、音、光、水により描かれています。

シンガポール随一の夜景を背に、マリーナベイ・サンズのウォーターフロントでほぼ毎晩上演されています

シンガポール随一の夜景を背に、マリーナベイ・サンズのウォーターフロントでほぼ毎晩上演されています


『SPETRA』以外にも楽しめる近未来なアトラクション

『SPECTRA』鑑賞前後の楽しみ方も色々。テクノロジー集団チームラボが手がけるアートサイエンスミュージアムへ、あるいはヒット映画「クレージー・リッチ!」の舞台にもなったルーフトップバーCÉ LA VIに足を延ばし映画の登場人物を気取ってシンガポール・スリングで乾杯するのもお勧め。または、世界のセレブリティシェフをフューチャーしたレストランでちょっと贅沢なディナー、あるいはインターナショナルブランドのショッピングも良いかもしれません。すべて徒歩圏内にあって、万一雨天でも楽しめるのも魅力の1つです。

近未来的な夜景をバックに繰り広げられる『SPECTRA』。大切な人や友人、家族と一緒に体験したいエンターテインメントです。



SPECTRA』鑑賞に役立つミニ知識

水、光、音がシンクロする最新テクノロジー

高度な噴水技術、水中に設置した500ワットのLED照明設備、タイムコードというソフトウェアなど最新テクノロジーにより1000分の1秒単位でレーザー、光、水、音楽を管理。エネルギー効率が非常に高い照明を使用することで環境にも配慮されています。

3つのおすすめ鑑賞スポット

 

1. イベントプラザで見る

最もスタンダードなのは、イベントプラザ側からの鑑賞。ショーの迫力を間近に感じられます。

2. ボートから見る

水辺から見るショーは水面に映る光がより印象的です。クラークキーを午後7時30分に出発するリバークルーズ船に乗ると、午後8時のショーを船上から見ることができます。船の侵攻方向の右側にショーが見えてきますので、乗船の際は右手の座席をおすすめします。

3. ウォーターフロントプロムナードから見る

マリーナベイ・サンズの夜景をバックにしてショーを楽しみたいなら、ウォーターフロントプロムナードの、ちょうどスターバックスがあるエリアからの鑑賞がおすすめです。

 

OCBCガーデンラプソディとの組み合わせ技

マリーナベイ・サンズそばの、ガーデンズバイ・ザ・ベイでも毎晩2回、午後7時45分と午後8時45分に、スーパーツリーの照明が音に合わせて変化する「OCBCガーデンラプソディ」が開催されています。SPECTRAとこのショーを上手に組み合わせてみるのもいいでしょう。


マリーナベイ・サンズのRASAPURA MASTERS

マリーナベイ・サンズの光と水のシンフォニー『SPECTRA』

ここでしか体験できない、心奪われるような光と水のスペクタクル

上演時間:

日曜日~木曜日 - 午後8時、午後9時
金曜日〜土曜日 - 午後8時、午後9時、午後10時

*なお、2018年12月26日~31日の期間中は特別に、午後8時/午後9時/午後10時と1日につき3回上演されます。

詳細情報はこちらから