シンガポールのGST(消費税)やサービス料などについて

シンガポールのホテルの宿泊料金やレストランでの食事の代金、交通機関の料金の内訳は様々な税制によって定められています。 日本のシステムとは多少異なるため、旅行中に「え、何で金額が違うの?」と戸惑う場面に遭遇するかもしれません。そんな時に困らないよう、シンガポールの消費税やサービス料、妥当な物価などについて覚えておくと便利なガイドをご用意しました。 

チップは請求されないが歓迎される

シンガポールの多くのレストランは利用客にサービス料、GST(消費税)が加算された金額を請求しています。
サービス料が支払い金額に含まれているので利用者はチップを追加で支払う必要はありません。しかしホーカーセンター(屋台村)や一部の地元レストランはサービス料を請求していません。よって少額のチップは歓迎されます。素晴らしいサービスを受けたと感じたらチップを渡すことでお店に感謝を伝えましょう。金額に迷ったら、少額紙幣を渡す、端数を切り上げて料金を支払う、または支払い金額のおつりをテーブルに置いておくとよいでしょう。

シンガポールにおけるチップの習慣については、こちらでさらに詳しく説明していますので、あわせて読んでみてください。
 

シンガポールのチップ習慣

レストランやホテルの税金とサービス料

シンガポールのホテルサービスやレストランでは、通常メニューの代金にGST(消費税)7%とサービス料10%を加算した金額が支払いの総額になります。「Nett(tが2つ)」または「net(tが1つ)」と表記されている金額は税サ込みの正味価格です。
レシートには料金に加えて「++」や「+++」といった表記がされている場合があり、一つ目の「+」は税率10%のサービス料を、二つ目の「+」は税率7%のGSTを表しています。三つ目の「+」は税率1%のGovernment TAX が加算されたことを表しています。
 
マリーナベイ・サンズのRISEレストラン

マリーナベイ・サンズのRISEレストラン


アルコールは高価、楽しむにはハッピーアワーをチェック

シンガポールでは高額の関税がかかるため、アルコールは日本に比べ非常に高価です。その代わり、どのバーやラウンジも、日本のそれとは比べものにならないほどバラエティ豊かな種類のアルコール飲料を揃えています。
ホーカーセンター(屋台村)で気軽にシンガポールならではのタイガービールを楽しむのも一興ですが、ぜひこのチャンスに夕方のハッピーアワーなどのプロモーションをチェックしてみましょう。マリーナベイ・サンズでも、火曜日の夜はドリンクが正味半額で楽しめるソーシャルアワーなど、数多くのバーやラウンジがハッピーアワー・プロモーションを行っています。このチャンスにぜひ!

マリーナベイ・サンズのRENKUバーのDesign Your Own Martini

マリーナベイ・サンズのRENKUバーのDesign Your Own Martini

なお、2015年4月の法改正以降、シンガポールでは平日午後10時半以降、休日は午後8時から朝7時までの間は公共の場での飲酒およびアルコールの販売が禁止されています。この時間はホテルやバー、レストランなどを除き、旅行者でもアルコールを購入することができませんので注意が必要です。このためシンガポールでは、せっかくの旅行中思い切りバーホッピングやナイトライフを楽しむなら、バーおよびラウンジで嗜むのがオススメ
 

タバコをたしなむ場合は細心の注意を

シンガポールでは、レストラン屋内での禁煙は一切厳禁です。屋外では灰皿のある場所のみ喫煙が可能ですので、気をつけましょう。コンビニなどでタバコは手軽に購入できますが、非常に高額なことで有名。
旅行者は日本からタバコを持ち込むことができますが、その際は必ず事前申告をお忘れなく。万一無申告のタバコを所持していることが発覚すると、旅行者でも200シンガポールドル(タバコ1箱につき)の罰金を請求される場合があります。
なお、日本でも人気の電子タバコの所持は、シンガポールの法律で禁止されています。5000シンガポールドルの罰金が加算される場合があるので絶対に持ち込まないでください。
 
シンガポールのタバコルールはかなり厳しいです

シンガポールのタバコルールはかなり厳しいです


クレジットカードが使用できない場所に注意を

シンガポールでは日本以上にクレジットカードが広く普及しています。しかし現金での支払いが推奨される場もあります。
たとえば、ホーカーセンター(屋台村)や屋台マーケットなどでは、現在も現金での支払いがメイン。タクシーはクレジットカードに対応可能と表示されていますがカードのタイプなどによっては使えないこともあるので乗車時は念のため現金を用意しておきましょう。

シンガポールで多くの人が利用するMRTの券売機は基本(表示はありますが)クレジットカードでチケット購入はできません。
クレジットカードが使用できる店舗やレストランでも、予期しない手数料が加算される、注文が二重に計上されるなどのトラブルがあることも。食事や買い物での支払い前には、お店から渡されたレシートの項目を必ず確認しましょう。
 
クレジットカード以外にも、モバイル決済も浸透しています

クレジットカード以外にも、モバイル決済も浸透しています

旅行中にお買い物や食事、タクシーなどの支払いでトラブるのは誰でも嫌なもの。せっかくの楽しいシンガポール旅行が台無しになってしまいかねません。事前に支払金額の内訳やGST(消費税)などのチェックポイントを押さえて、より快適で楽しいシンガポール旅行をお楽しみください。