Tim Ho Wan(添好運)

Tim Ho Wan(添好運)は、フォーシーズンズホテル香港のミシュラン3つ星レストラン「龍景軒」で点心師を勤めていたマック・クワイ・プイ氏が、レウン・ファイ・クゥン氏をパートナーに迎えて創業した点心専門店です。2009年に、香港の旺角(モンコック)で20席足らずの小さな点心専門店をオープンし、わずか1年でミシュラン1つ星を獲得。続けてオープンした店舗も、すべてミシュラン1つ星を獲得する快挙を達成し、手頃に上質な料理を楽しめるレストランとして賞賛を受けました。現在は「世界で最も安いミシュランレストラン」の異名でも知られています。...詳細

オープンキッチンを設えた店内は、壁に飾られた蒸籠(せいろ)のデコレーションが目を惹く、昔ながらのシンプルな雰囲気。飾り気のない伝統を重んじる姿勢は、料理にも受け継がれています。シンプルな食材と基本の調味料だけで作る添好運の点心は、点心の起源といわれるシルクロードの黄金時代を彷彿とさせる味。今では、いにしえの人々のように遠方まで足を運ばなくても、モダンな店内で受賞歴を誇る香港飲茶をお楽しみいただけるようになりました。Tim Ho Wan(添好運)は、モダンな雰囲気の中で、伝統を受け継ぐ本格的な香港点心と良質なサービスとを楽しめるレストランとして定評があります。