FUTURE WORLD: アートとサイエンスが出会う場所

9月5日から新しいテーマギャラリーや作品が加わり、過去に人気のあったインスタレーションも一部復活。インタラクティブな作品がさらに進化を遂げました。

分野の垣根を越えたスペシャリストで構成されるアート集団「チームラボ」の協力でお届けする『FUTURE WORLD』展は、高度なテクノロジーを駆使した近未来的なインタラクティブ作品が魅力です。最先端のデジタルインスタレーションを通して、アート、科学、マジック、メタファーが交錯するデジタルワールドの世界に浸ることができます。

『FUTURE WORLD』展は、「ガーデン・シティ」「サンクチュアリ」「公園」「宇宙」のテーマに沿ったインタラクティブなデジタルインスタレーションを通して、ワクワクするような気づきや発見を得ることができる体験型の展示です。

ご来場の注意事項

『FUTURE WORLD』展は、アートサイエンスミュージアムの常設展です。ご来場のたびに新鮮な体験や気づきを得ることができるよう、インスタレーションは継続的に変更・追加されます。

ご来場の方全員にゆっくりと展示をお楽しみいただけるよう、次の通り入場時刻を規定しています。【午前】10時、11時30分【午後】1時、2時30分、4時、5時30分(最終入場) 混雑している場合は、入口で列にお並びいただく場合もございます。展示エリアの人数に応じて、順次ご案内いたしますのでご了承ください。

スムーズにご入場いただけるよう、オンラインで前売りチケットを購入されることをおすすめいたします。アートサイエンス・ミュージアムのチケット売場に加え、サンズ・シアターのチケット売場(マリーナベイ・サンズの地下1階)でもチケットをお求めいただけます。

没入型デジタルユニバース
ひらめきを生む5つのデジタルゾーン
『FUTURE WORLD』展では、「ガーデン・シティ」「サンクチュアリ」「公園」「宇宙」の4つのメインテーマに沿って、クワクするような気づきや発見を楽しめます。

「ガーデン・シティ」ゾーン

『FUTURE WORLD』展は「ガーデン・シティ」から始まります。まず目を弾くのは滝と花畑。そこを抜けると、都会らしい風景が目に入ります。

「ガーデン・シティ」のインスピレーションはシンガポールの街。これまでの人気作品に2つの新作インタラクティブアートが加わり、ますます進化した「ガーデン・シティ」をぜひご覧ください。

詳細

「サンクチュアリ」ゾーン

「ガーデン・シティ」の喧騒を離れ、心地よい静寂に満ちた美しいデジタルワンダーランドへ。「サンクチュアリ」ゾーンは、『FUTURE WORLD』展の中心にある、落ち着いた癒しのオアシスです。


 

詳細

「公園」ゾーン

ご好評にお応えして、憩いの場である「公園」に2つの人気作品が復活。

人間の営みに欠かせない要素である「遊び」をじっくりと体験できます。身体の動きに反応するデジタルテクノロジーは、年齢を問わず誰にでもお楽しみいただけます。

詳細

「宇宙」ゾーン

最終ゾーンは、思わず息を飲む、果てしない「宇宙」の世界。美しい壮大なデジタル宇宙が、あなたの動きに合わせて変化する様子をお楽しみください。
詳細
想像の翼を広げるアクティビティ
パートナーについて

『FUTURE WORLD』展の制作チーム:チームラボ

チームラボは、2001年に東京で結成されたクリエイティブグループです。アーティスト、プログラマー、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家、Web/プリントグラフィックデザイナー、編集者など、様々な分野の垣根を超えたプロ集団で構成されています。自らを「ウルトラテクノロジスト」と名乗り、アート、サイエンス、テクノロジー、創造性のバランスを上手に取ることを目指して活動を続けてきました。これまでに、パリのメゾン・エ・オブジェやロンドンのサーチギャラリーなどの一流ギャラリーで作品を発表しています。アートサイエンス・ミュージアムの『FUTURE WORLD』展は、チームラボの海外初の常設展示です。チームラボのWebサイト >

公式プロジェクションパートナー: パナソニック株式会社

パナソニック株式会社は、家電、住宅、自動車、エンタープライズ・ソリューション、デバイス事業などの多岐にわたり、多種多様なエレクトロニクス技術やソリューションを開発しているグローバル企業です。1918年の創業以来、グローバルに事業を展開し、現在では子会社468社と系列会社94社を運営しています。2015年度には連結売上高7兆7150億円を記録しました。分野横断的なイノベーションにより、常に新たな価値観を追求し、卓越した技術力を活かしてお客様の生活の向上や世界貢献に取り組んでいます。パナソニック株式会社について>