最新イノベーション(Innovation Today)のデモンストレーション

土曜日、午後4時30分~午後5時15分 

最新イノベーション(Innovation Today)では、シンガポールの大学で開催されるインスピレーションあふれる作品を展示します。 ダ・ヴィンチのプロジェクトでは、学際的アプローチ、発明、イノベーションをテーマに表現しています。  展示は同じテーマ(視覚、音、音楽、飛行、科学技術)に貫かれています。
 
各プロジェクトは、現代的なイノベーションに対するシステマティックな思考と学際的なアプローチの重要性を理解した成果として生まれました。 これらはダ・ヴィンチの作品の根幹を成す原理であり、彼がいかに時代を先取りしていたかを物語っています。
 
プロジェクトの一部のデモンストレーションを毎週土曜日の午後4時30分にワークショップスペースにて実施します。
  • シンガポール工科・デザイン大学(SUTD)
  • シンガポール国立大学

シンガポール工科・デザイン大学のSUTD-MIT国際デザインセンターから:

FingerReader Suranga Nanayakkara、Roy Shilkrot、Jochen Huber、Pattie Maes
ダ・ヴィンチは既存の問題に対する技術的解決法を模索し、視覚と音の原理にも興味を抱いていました。FingerReaderでは、これらの分野を視覚障害者向けの活字の変換と読み取りを補助するウェアラブル機器という1つのイノベーションに結実させました。 文章の行を指差すと、着用した機器がその行をスキャンして、言葉を音声でフィードバックし、レイアウトを触覚でフィードバックします。
                                                                                                                          
StickEar Yeo Kian Peen、Suranga Nanayakkara                            
StickEarは、音を認識し、モバイル機器上のアプリケーションを利用して振動するテキストアラートに伝達する無線オーディオセンサー機器です。 ダ・ヴィンチが音のしくみに魅せられて自分の専門知識を科学技術の向上に活かしたように、StickEarは聴覚障害者が日常の音を認識できるようにすることを目的にしています。
                                                                                                                          
SCORPIO Elangovan Karthikeyan、Takuma Nemoto、Mohan Rajesh Eara     
航空学の研究においては、ダ・ヴィンチはコウモリからインスピレーションを得て飛行機を発明しました。 サハラ砂漠で発見されたアシダカグモから着想を得たSCORPIOは、自動的に再構成して、這って進んだり、回転運動を行うことができるロボットです。 この作品は、自然から得た発想を技術的課題の効率的な解決に転換できることを効果的に示しています。
                                                                                                                          
Maple-seed Inspired Aerial Craft Pheh Ying Hong、Danial Sufiyan Bin Shaiful、Tan Chee How、Foong Shaohui                              
ダ・ヴィンチは鋭い想像的感性を備え、飛べる可能性について自然から得た発想に空気力学の原理を応用することに熱心でした。 その姿勢を踏襲して、このプロジェクトでは安定した飛行を実現するためにカエデの種の自然の自転運動を模倣しています。 レーザー焼結法(SLS: Selective Laser Sintering)3D印刷技術を用いて作製した軽量フレームを採用することで、これをより実現しやすくなっています。
                                                                                                                          
Artificial Life: Robots at Work, Sleep and Play Erik Wilhelm、Swayam Narain、Li Wenzheng                        
技術者としてのダ・ヴィンチは、プーリー、重り、ギアに機械を取り入れて自動ロボットを創り出しました。 現在では、進化してさまざまな作業をこなし、太陽灯を「養分」として生存を確保する小型アンドロイドの人造ロボットに、革命的な生物学とコンピューターサイエンスの交錯が見られます。

シンガポール国立大学、Keio-NUS CUTE Centerから:

POPAPY Kentaro Yasu
ダ・ヴィンチの研究には、幾何図形と、平面の2D形状(「展開図」)を3D形状に変換する方法への強い関心が表れています。この思想を汲み取ったPOPAPYの展示では、紙、熱収縮シート、アルミシートを組み合わせたカードを電子レンジに入れ、ポップアップ3D形状に早変わりさせます。
                                                                                                                          
Dancer-in-a-Box (DinB) Yuichiro Katsumoto
オートマトンと輸送の設計に見られるダ・ヴィンチの精神を踏まえたDancer-in-a-Boxは、軽い物体を輸送する自己推進型の箱です。 機械構造によって箱の中心を調整し、圧力を加えなくても回転できるようになっています。
                                                                                                                          
3D Food Printer Daniel Peng Zhuo、Sun Jie
ダ・ヴィンチは、既存の機械を常に洗練していくことで効率が向上するという信念を持っていました。 3D Food Printerでは、この精神を受け継いで最新の3D印刷技術の機能を強化し、 Digital Gastronomy Techniqueとの連携により、利用者がビスケットやチョコレートのデザインをカスタマイズして印刷できるようになっています。
                                                                                                                          
D’Licious Vessel Nimesha Ranasinghe、Do Yi-Luen Ellen、Sun Jie、Yan Liang Kun、Chew Zehe Barry
ダ・ヴィンチの興味の対象は幅広く、熱の上で食物を回転させて絶えず動かす焼き串まで設計しています。 これと同様に革新的な料理精神を発揮したD’Licious Vesselは、電気パルスの制御によって甘味や酸味といった主な味覚をシミュレーションするデジタルインターフェースです。
 
AR-muse Lu Weiquan、Nguyen Linh-Chi、Chuah Teong Leong、Do Yi-Luen Ellen
ダ・ヴィンチは学問の分野を越えて、物理学の発想と絵画を洗練する遠近法とを結び付けて考えていました。 現代の科学技術の進歩を取り入れたAR-museでは、モバイルアプリケーションを利用して動きを表現できる仮想画像によってアートに現実感が加わっています。
来場者は、指定されたQRコードをスマートフォンでスキャンして、アートワークを操作できます。
 


シンガポール国立大学、NUS-HCI Lab, School of Computingから:

 
Beyond Stereo and ColorBless Haimo Zhang、Xiang Cao、Chua  Soon Hau、Shengdong Zhao、Muhammad Hammad、Sahil Goyal、 Karan Singh
ダ・ヴィンチは光学に魅了され、視覚と光の基本原理を理解していました。 現在では、その知識はさらに発展しています。両眼視差により、私たちは左目と右目のそれぞれで2つの異なるイメージを同時に見ることができます。このプロジェクトでは、3Dテクノロジーを利用してこの原理を紹介します。
来場者は、3Dメガネを利用して立体視をじかに体験できます。
 
AutoGami Kening Zhu、Shengdong Zhao
技術者としてのダ・ヴィンチは、オートマトンを自動操縦の騎士や自動演奏太鼓の設計に利用するなど、自動化の機械原理を発明に応用しました。 こうした先進的な原理は、自動操縦のペーパークラフトを手軽にデザインし、動かすことができるツールキット、AutoGamiにも見られます。
    
DIY Peripheral HMD Denys Matthies、Chua Soon Hau、Simon Perrault、Shengdong Zhao
暗箱によってダ・ヴィンチの視覚と遠近法に関する研究が発展したように、DIY Peripheral HMDでは物の見え方を詳しく知ることができます。 グラフィックカードとビデオ出力を利用して、手作りのメガネをモニターにしてアナログビデオ信号を映写します。
 


シンガポール国立大学、Department of Communications and New Mediaから:

 
Harmony of the Technospheres Lonce Wyse                      
ダ・ヴィンチは、異なる楽器の音響技術を組み合わせた実験的な楽器、ヴィオラ・オルガニスタを設計しました。Harmony of the Technospheresは、音と科学技術の現代的な融合を表現し、参加者が携帯電話を使って楽器の異なる弦を鳴らし、コラボレーションします。 参加者がさまざまなチューニングで奏でる音楽のコードの移動は、ディスプレイスクリーンにも視覚的に表示されます。
来場者は、スマートフォンのモバイルブラウザーに表示されたこのプロジェクトのQRコードをポイントすることで、Harmony of the Technospheresに参加できます。