Rado、Marina Bay Sandsの時計、シンガポールのショッピングRado、Marina Bay Sandsの時計、シンガポールのショッピング

RADO

Radoは、時計作りを始めたその日から、ビジョンを具現化してきました。材料技術の限界を打ち破り、スイスの時計作りに絶えず意外性を取り入れ、優れた製品を次々と生み出してきました。創業者の言葉に、「想像できることは実現できる。実現できることは実現する」があります。Radoは今までも、そしてこれからも、精神的および物質的な限界に挑み、個性的なタイムピースを作り続けます。

 

Radoの時計はすべて、テクノロジー、実用性、そしてデザインの融合です。これらの融合を初めて印象づけたのは、1962年に発表された世界初の傷つきにくい時計、Radoオリジナルダイヤスターです。1980年代には、Radoはその開拓精神の下、時計製造にハイテクセラミックを採用しました。以前スペースシャトルの遮熱材やレーシングカーに使われていたこの素材を取り入れたことは、重要な節目となりました。さらに、この弾性素材に色をつけて射出成形する技術を開発。その結果、デザインの革新性がはるかに向上しました。そして2002年、世界で最も硬質な時計を発表。ビッカーズ硬さ10,000の硬度を持つハイテクダイヤモンドを使用したRado V10Kです。

 

現在Radoは、時の試練に耐える時計作りへの果敢な取り組みにより、テクノロジー、実用性、そしてデザインのシームレスな融合を実現。実績ある性能の伝統に根ざしながらも、未来をはっきりと見据えています。Radoの躍進の源は、探求と革新、大胆さと直感力です。発見、発明、そして革新を目指すRadoの使命を妨げるものは何もありません。必ず、類まれな時計デザインを創り上げます。

 

  • Radoの時計
Radoダイヤマスター ジュビリー
Radoダイヤマスター オートマティック スケルトン
Radoダイヤマスター オートマティック クロノグラフ
Radoダイヤマスター オートマティック クロノグラフ
RadoダイヤマスターRHW1
Radoダイヤマスター オートマティック クロノグラフ