Iced Lemon TeaIced Lemon Tea

ローカルドリンク

シンガポールにはコーヒーチェーン店が非常に多くありますが、シンガポールならではの体験をするなら、コピティアム(コーヒー店)へ行きましょう。コーヒーや紅茶など、ここにしかないローカルなドリンクをぜひ飲んでみてください。足の疲れを取って元気を取り戻すためだけでなく、コピティアム はシンガポールでぜひ訪れてもらいたいお店です。
Coffee kopi
コピティアム という言葉だけでも、シンガポールの豊かな多文化を証明しています。コピ はマレー語/ 福建語でコーヒーを意味し、ティアム は福建語/客家語で店を意味します。エアコンの効いたショッピングモールのフードコートや、新鮮な地元のコーヒーを飲むことができるカウンターなど、コピティアム はシンガポールのどこにでもありますが、本物のコピティアム を体験するなら地元の食べ物や飲み物を出している野外の「ホーカーセンター」やママッストールが一番。地元のコーヒー・コピ は、世界中ここでしか味わえません。コーヒー豆をバターまたはマーガリン、砂糖と一緒にローストし、細長い注ぎ口の大きなポットに白い布製の袋を付けて抽出します。スターバックスのコーヒーよりも深く強い味わいです。
Iced Drinks
コピティアム が初めての人は、選択肢が多すぎて困ってしまうのも無理ありません。一般的なコピ を注文すると、甘い練乳(フレッシュミルクは使いません)の入ったコーヒーが出てきます。甘さ控えめなら、コピC(甘くないエバミルクと砂糖入り)や、コピCコソン(無糖でエバミルク入り)を注文するとよいでしょう。コソン はマレー語で「ゼロ」または「空の」という意味になるため、コピコソン を注文すると、砂糖はいらないということになります。ブラックコーヒーを飲みたいときは、コピOまたはコピOコソン(どちらもブラック無糖)を注文してください。コピ の代わりに を使うと、紅茶で同様の組み合わせを注文することができます。
Teh Tea
また、朝、頭をスッキリさせたいときや風邪や頭痛の万能薬と言われている テハリア(ジンジャー入りの紅茶)もあります。暑いので冷たい物が飲みたいときは、コピペンを注文すると、(アイスコーヒーが出てきます。カフェインを避けたい人向けのメニューも豊富です。ホットやアイスのホリックスやミロ(どちらも麦芽乳飲料で、後者はさらにチョコレート風味が強い)を注文しましょう。インスタグラムに投稿したくなるような面白いものなら、アイスのミロに粉状ミロが山盛りかかったミロダイナソーや、アイスのミロにアイスクリームかホイップクリームと、さらにミロパウダーがたくさんかかったミロゴジラを。
Pink Drink
軽めなものには、パンダンリーフを加えた冷たいミルクベースでローズシロップ味の バンドゥン  があります。爽やかな甘さとピンク色で暑さを吹き飛ばしましょう!飲むだけでは飽き足らないなら、シンガポールのコピティアム体験に食べ物をプラスしてはいかがでしょうか。カヤトーストと醤油のかかった半熟卵を コピ と一緒に食べるのが、シンガポールの朝食スタイルです。ママッ ショップでは、テハリアとロティ・プラタ、または バンドゥン ナシビリヤニ の組み合わせもぜひお試しください。