シンガポールのアイスクリームシンガポールのアイスクリーム

シンガポールのアイスクリーム

地元の人々でさえも、シンガポールは暑いと言います。シンガポールに長年住んでいる人々の多くは、いろいろな方法を試行錯誤しています。涼しくて着心地の良い服を着る、ビーチサンダルを履く、エアコンの効いた場所に逃げ込む、冷たいドリンクを飲んで暑さを吹き飛ばすなど。そしてもちろんアイスクリームも。シンガポールのアイスクリームは、この島の他の食べ物と同様に、さまざまなバリエーションがあります。
Wafer Ice Cream
シンガポールの子供たちは、見慣れたアイスクリーム屋のカートが学校の外にいるのを見つけると大喜び。こうしたアイスクリーム屋のカートは、オーチャード・ロードのようなショッピング街にもいます。長方形のアイスクリーム(3~4種類のフレーバーから選べるのが一般的)を2枚の薄いウエハースやカラフルな甘い厚切りパンで挟んだものが売られています。昔ながらのアイスクリーム屋のカートでは、赤豆の棒アイスもよく売っています。
Kulfi Ice Cream
シンガポールでは、世界中のアイスクリームも食べることができます。ドンドゥルマはトルコのアイスクリームで、市販のアイスクリームよりも粘り気が強く、よく伸びるのが特徴です。デモンストレーションしながら売られています。インドのクルフィーは、インド系レストランの定番デザートメニューで、クルフィー専門店もあります。クリーム、コーンスターチ、スパイスで作るクルフィーは、ピスタチオやバニラ、ベイリーズやローズなど、さまざまなフレーバーが楽しめます。より軽めでソフトなものがよければ、北海道アイスクリームはいかがでしょうか。アイスクリーム専門店やショッピングモール内のお店で買うことができます。
Ice Kacang Dessert
厳密にはアイスクリームではありませんが、シンガポールで最も有名なアイスのデザートと言えば、具だくさんかき氷をボウルに入れたアイスカチャンです。アイスカチャンの作り方は、まず始めにヤシの実、赤豆、ゼリーをボウルに入れます。次に、山盛りのかき氷を上からかぶせ、カラフルな甘いシロップや練乳、スィートコーンをさらに振りかけます。中にはフルーツのペーストやチョコレートシロップをかけたアイスクリームを上にのせたものあります。アイスとトッピングだけでよければ、「空の」という意味の コソン を注文しましょう。
Colourful Ice Cream Assortment
普通のアイスクリームサンデーやジェラートも、シンガポールでは実に種類が豊富です。世界的なカフェブランドやアイスクリームパーラー、シンプルなジェラートのスタンドなどでは、言い尽くせないほどさまざまな種類のフローズンヨーグルトが売られています!特に面白いのがそのフレーバーの多さ。ライチやカラマンシー、ココナッツ、サワーソップなどのトロピカルフルーツはほぼ定番で、赤豆やグラメラカ、チェンドル、ドリアンなど、よりエキゾチックなものや、タイガービール味まであるのです!