Tea in SingaporeTea in Singapore

お茶

シンガポールで紅茶というのは、ごく当たり前のように感じます。中国系やインド系の移民が多く、この島がかつて植民地であったことから、シンガポールでは、世界で最も有名な3つの紅茶文化を体験することができます。伝統的なイングリッシュティーを体験してみたい人も、作法が難しい中国茶芸を体験してみたい人も、シンガポールでは、お茶好きな人がワクワクするようなことが体験できます。
Afternoon Tea in Singapore

シンガポールのホテルやカフェでは、アフタヌーンティーの人気が高まっています。室内で午後を贅沢に過ごしたいなら、シンプルなセットミールや伝統的なクリームティー、さまざまな料理やデザートが並ぶビュッフェ形式のハイティーまで、いろいろなアフタヌーンティーがあります。ぜひチェックしてみてください。

カフェイン入りの飲み物よりもハーブティーが好きな人には、さまざまな種類のハーブやフローラルな香りのするハーブティーが飲めるカフェもたくさんあります。カモミールやローズティー、ルイボスティなどの一般的なものだけでなく、中国伝統医学を用いた中国式ハーブティーもいろいろとあります。中国の商品を扱う店が入ったチャイニーズ・メディカル・ホールは、朝鮮人参から菱の実(ウォーター・チェスナッツ)まで、さまざまなハーブティーが揃っているので、ハーブティーを探す手始めとして最高の場所です。

Chinese Tea

本格的な中国茶芸体験も、シンガポールでアジアの伝統を深める素晴らしい機会です。多くの茶芸館では、ティーバッグでは味わえない、ハイクオリティなお茶を楽しむことができます。茶芸館の中には、ワークショップを開催したり、中国の豊かな文化や歴史について教えているところもあります。お茶は昔から中国文化の重要な部分を担ってきました。伝統的な中国式の結婚式では、新郎新婦が尊敬のしるしとして、年配の人々にお茶を振舞う習わしがあります。伝統的な中国式の結婚式を見る機会があれば、中国文化でお茶がどれほど重要なものかがよく分かるでしょう。

もっとローカルなものがよければ、 と呼ばれる地元の紅茶はいかがでしょうか。中でも、テ・タリ の入れ方は独特です。タリ とは、マレー語で「引っぱる」という意味で、高いところから紅茶を素早く注ぐ動作(かなりパフォーマンス的です)にちなんでいます。2つのカップを使い、高いところから低いところへと注ぐ動作はとてもかっこよく、この動作によって表面にクリーミーな泡が立ちます。

Masala Chai

マサラティーとも呼ばれるマサラチャイは、スパイスの効いたインド風の紅茶です。ミルクと砂糖をたくさん入れて作ります。マサラチャイは、ほとんどのインド料理店で飲むことができます。サモサのお供にもぴったりです。

歩きながら涼むなら、バブルティーはいかがでしょうか。もちもちとしたタピオカの粒々が入ったミルクティーで、地元では「バブル」と呼ばれています。バブルティーの屋台は、ショッピングモールや通りで簡単に見つけることができます。うだるような暑さの中をあちこち歩き回って疲れたら、冷たい飲み物で元気を取り戻しましょう。シンガポールではアイスレモンティーや冷たい菊花茶も大人気。爽やかな味わいをぜひ試してみてください!