Pad Thai, Guide to Noodles, Singapore Foodie Guide, Marina Bay SandsPad Thai, Guide to Noodles, Singapore Foodie Guide, Marina Bay Sands

麺料理ガイド

東アジア料理の代名詞となりつつある麺料理。食べることが大好きな人々は、シンガポールで食べたい物として、麺の入った大きなどんぶりをリストアップしているはずです。しかし、シンガポールのレストランで出される麺料理が一種類だけということは、めったにありません。「ヌードル(麺類)」とすら呼ばれていないものも多くあります。ここでは、皆様がお好きな物を注文できるよう、シンガポールのローカル麺料理用語のいくつかをわかりやすくご説明します。
Mee Goreng, Guide to Noodles, Singapore Foodie Guide, Marina Bay Sands
シンガポールのローカル麺料理の多くは、「mi」または[mee」(どちらも読み方は「ミー」)と呼ばれています。最も人気があるのは「焼きそば」を意味する ミーゴレン です。マレー風、インド風、中華風など、さまざまな ミーゴレン がありますが、すべて太い卵麺を野菜や肉、豆腐、魚介類、卵などと一緒に炒めます。マレー・インド料理店では、ミーフン または ビーフン と呼ばれる細い米麺に同じ調味料で味付けした、ミーフンゴレン またはビーフンゴレン があります。中華風 ビーフン も炒めたものですが、マレー・インド風のものと比べて辛さは控えめです。これ以外の中華麺には、生地を折りたたんで伸ばし、さまざまな太さの麺を手打ちした ラーミェン があります。ラーミェン は、団子や肉、魚介類、野菜の入ったスープと一緒に出されるのが一般的です。暑さに耐えられる人はスパイシーなチリソースを!
Wanton Noodles, Guide to Noodles, Singapore Foodie Guide, Marina Bay Sands
食べるとホッとするような究極の料理と言えばワンタン麺です。蒸したワンタンと一緒にこしのある黄色い卵麺が入っています。麺は、ヨンタウフー(醸豆腐)に入れる具としても人気があります。ヨンタウフー は、自分で選んだ肉、野菜、豆腐、魚介類の組み合わせを蒸し、お好みの麺と一緒に汁無し麺やスープ、カレーに入れて出されます。野菜をたくさん使ったヤンタウフー は、特にヘルシーなベジタリアンメニューです。シンガポールのフードコートの多くには、この料理を出すお店が入っています。
Pad Thai, Guide to Noodles, Singapore Foodie Guide, Marina Bay Sands
人気のタイ料理はシンガポールのあちこちで目にすることができます。パッタイ は平たい米麺と卵、豆腐、魚醤、香辛料を炒めたもので、根強い人気がある料理です。通常は、鶏肉、魚介類、豚肉、野菜のみから選ぶことができます。一切れのレモンやチリパウダー、砕いたピーナッツと一緒に出されたら、食べる前に麺に入れましょう。
Vietnamese Pho, Guide to Noodles, Singapore Foodie Guide, Marina Bay Sands

これ以外のシンガポールで食べられるアジア麺料理には、ベトナムのフォー(発音は「ファ」)があります。出汁を取ったスープに平たい米麺を入れたもので、ハーブやレモン、生唐辛子の薬味セットを添えて鶏肉や牛肉と一緒に出されます。うどんやそば、ラーメンなど日本の麺類もシンガポールでは至るところで見つけることができます。ぜひチェックしてみてください。

アジアの麺料理で最高なことは、朝食として出されることが多いということ。朝から麺を楽しむことができるのです。