環境に配慮した運営

建物の運営がその耐用期間中に環境にもたらす影響は、建設時の影響よりはるかに甚大です。 環境に配慮した運営方法を実践することで、天然資源の消費削減が実現し、ゲストやチームメンバーの体験が向上します。

資源の保全

MBSはエネルギー、水、運営効率化プロジェクトの戦略的な選択を通じて、天然資源の消費を削減しています。 また、最先端技術と効率的な設備や機器を組み合わせ、チームメンバー/ゲスト/サプライヤーの教育を活用しています。

Marina Bay Sandsのグリーンイニシアチブの中核をなすのは、設備費2,500万シンガポールドルのインテリジェントビル管理システムです。これは、貴重な資源を保全するため、リゾート全域の照明、暖房、給水を一括自動制御するものです。 Marina Bay Sandsは雨水利用や節水型水道などの節水努力を評価され、シンガポールの公共事業委員会から「優良節水ビル」の認定を受けております。

2012年以降、9%のエネルギー消費削減を達成しました。

廃棄物管理とリサイクル

Marina Bay Sandsのリサイクルおよび廃棄物管理プログラムでは、天然資源と埋立地の節減と清潔な空気や水の保全に加え、地域社会の雇用創出を行っています。 ホテル内に2,650を超えるリサイクル用のごみ箱を設置したり、食べ残しや残った資源を地球に優しい方法で処理することで、廃棄物管理を向上させるほか、廃棄物を有機廃棄物と建築廃棄物に分別して適切に処分し、木材、金属、掘削土のリサイクルおよび再利用により廃棄物を削減しています。

持続可能な製品/材料

材料や備品の購入に際しては、なるべく環境にやさしく、健康に良いものを選ぶよう配慮しています。 環境に配慮した調達の方針は、建築、改修、運営の全般にわたって環境への影響を管理するうえで役立っています。 可能な限り、エネルギースター認定機器、環境にやさしい清掃用品、揮発性有機化合物(VOC)含有率の低い塗装剤/接着剤/シーリング材などの持続可能な製品や材料を購入しています。 こうした取り組みにより責任ある天然資源利用に貢献し、お客様やチームメンバーが利用する屋内の空気の質を向上させています。