2015 SILVER SCREEN AWARDSの豪華なレッドカーペット

2015 Silver Screen AwardsでMarina Bay Sandsのレッドカーペットにゲストの著名人が華を添えました。その後、彼らは、セレブリティシェフ率いるレストランdb Bistro & Oyster Barに向かい、第26回シンガポール国際映画祭のベネフィットディナーを楽しみました。

2015年12月5日(土曜日)、第26回シンガポール国際映画祭(SGIFF)で、Marina Bay Sandsのレッドカーペットに世界的なアイコンのデビッド・ベッカムや、ハリウッド映画やテレビで活躍する俳優のデヴ・パテル、スーパースターのミシェール・ヨー、セレブリティシェフのダニエル・ブリュが登場し、会場中をしびれさせました。

MasterCardシアターズで開催されたSilver Screen Awardsに、最近『People』誌で「最もセクシーな男性」に選ばれたベッカムがサプライズ登場。レッドカーペットを盛り上げた後、db Bistro & Oyster BarでのSGIFFベネフィットディナーに出席しました。

サッカー界のレジェンドは、Marina Bay Sands社長兼CEOジョージ・タナシジェビッチとともに、「ハッピーアワー」の濱口竜介監督が受賞した「アジア長編映画部門最優秀監督賞」のプレゼンターを務めました。

ベッカムは次のように述べました。「映画は物語を伝える素晴らしい手段です。今年のシンガポール国際映画祭に参加させていただき、アジアの一流の映画制作者の方々にお会いできて光栄です。」他にも、台湾のモデルであり女優のソニア・スイ、香港の女優であり歌手のジョシー・ホー、金馬奨に輝いたヤオ・ヤンヤン、シンガポールの有名映画監督エリック・クーなど、そうそうたる顔ぶれのセレブたちがレッドカーペットを歩き、SGIFFの各種アクティビティに参加しました。

特別なSGIFFベネフィットディナーでは、「The Diners Club Lifetime Achievement Award 2015」を受賞し「世界のベストレストラン50」に選ばれた名高いシェフ、ダニエル・ブリュが、ベッカム、ヨー、そしてSGIFFの会長を務めるマイク・ウィルアンなど、200名のゲストを極上の料理でもてなしました。

この夜は、デビッド・ベッカムのサイン入りの限定版Haig Club™シングルグレインウィスキー、ミシェール・ヨーからは「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」の台本の原本とDVD、トップ俳優のデヴ・パテルからは「スラムドッグ ミリオネア」の台本とサイン入りの写真など、13のアイテムがオークションにかけられ、総額12万シンガポールドルを超える売り上げを達成しました。

SGIFFのプレゼンティングスポンサーを務めるMarina Bay Sandsは、地元の映画・芸術業界への関わりを深めました。