「私たちの周りの多様な世界」


最も深い海、凍てつく極地、最も高い山、最も熱い砂漠、そのような極限状態の土地で繁栄する生物が存在しています。37億年以上もの昔から、生命体は地球のありとあらゆる場所で生活できるように進化してきました。遺伝子、種、生息地にわたる豊かな多様性は、計り知れない価値を持つ真の宝物です。

このギャラリーで展示される宝物の多くは、環境や生物の順応力によってどのように自然の多様性が形成されたかを明らかにしています。ドードーのような絶滅した動物に、人間が生物の多様性に与える影響を確認する一方で、新しい種の発見はこれまで進化してきた自然の多様性を示唆しています。
 

ドードー鳥の標本

ドードー鳥の標本
  
 

ドードー鳥は、モーリシャス島への人間上陸をきっかけに、絶滅に追いこまれました。人間との遭遇によって絶滅したこと自体は特に珍しいことではありませんが、同時に、ドードー鳥の名はまさにこの絶滅理由によって世界的に知られるようになりました。しかし、その著名度にかかわらず、現代においても1個体からなる完全なドードー鳥の骨は未だに発見されていません。本標本では、現代鳥類解剖学をベースに、当初考えられていたよりもより小さく、よりまっすぐな体型で表現されています。
サーベルタイガー

サーベルタイガー
アメリカ合衆国
更新世、12,000年前

暗闇の中でこのサーベルタイガーに出くわした場面を想像してみてください。もし12,000年前にアメリカ大陸に住んでいたら、そんなことがあったかもしれません。恐ろしい牙を持つライオンと同じ大きさのこの動物は、バイソン、オオナマケモノ、ラクダ、馬、または若いマンモスといった大型草食動物を捕食していました。スミロドンは、最後の氷河期の終わりに絶滅しました。これは、人間に遭遇したかもしれない数少ないサーベルタイガーの一種です。

Silver chafer beetle, Central America

Silver chafer beetle
 Central America

This beetle’s highly reflective wing cases confuse predators such as birds, reptiles and monkeys. Instead of a mouthful of food, they think they are simply seeing a giant water droplet, a common sight in the wet cloud forests of Central America. The metallic sheen is a base layer of colour pigment covered by several colourless, thin layers, causing optical interference in much the same way as the thin layer of aluminium on a compact disk.
Giant ground sloth

Giant ground sloth
 Argentina
Pleistocene Period, 12,000 years old

 For a predator to bring down a giant sloth was a feat of epic proportions. Its hide was thicker than an elephant’s, and adults weighed about 1,500 kilogrammes. These giant mammals grazed on plants and lived in open habitats in the temperate regions of South America until about 12,000 years ago.