Specters and Tourists

2017年11月11日から12月17日まで開催

3階

アートサイエンスミュージアムは、シンガポール国際映画祭と提携し、日本人映画監督およびアーティストの宮崎大佑による「 Specters and Tourists 」を開催します。この新作は、単調な都会の暮らしを描く何気ないシーンで、脚本のない意外な瞬間が展開し、観る者にリアリティの捉え方を問う2部作のフィルムインスタレーションとして展示されます。 

第1部の「Specters」では、既存のシーンに登場人物のマルチスクリーンのポートレートを組み込み、日常生活に閉じ込められた幻影として描いています。規則的に繰り返される生と死、人間と動物の姿を追ううちに、単調な画一性と隔絶性を感じさせる映画です。

第2部の「Tourists」は、対照的に、遠藤新菜と佐藤菫が演じる二人の友人が宝くじを当て、思い立って海外旅行へ向かうというストーリーを軸に展開します。シンガポールへと向かった彼女たちは、慣れない環境で街の新しい側面を体験する中で、自分たち自身の新たな面を発見していきます。


宮崎大佑

宮崎大佑

1980年神奈川県横浜市生まれ。2016年のシンガポール国際映画祭(SGIFF)で『大和(カリフォルニア)』を発表。ベルリン国際映画祭主催の若手映画製作者向けプログラムBerlinale Talentsのオムニバスフィルムディレクターでもある宮崎が同プログラムの他の監督と共同制作したオムニバス映画『5 to 9』は、2015年の台北金馬影展で世界プレミア上映され、同年のSGIFFでも上映されました。処女作『夜が終わる場所』は数々の国際映画祭に出品され、トロント新世代映画祭で特別賞を受賞。

プログラム

アートサイエンス オンスクリーン

5 to 9

5 to 9

11月5日、11日~12日、18日~19日、26日、12月3日 | 午後2時、午後3時30分、午後5時

11月6日~10日、13日~14日、17日、20日~21日、23日、27日、12月4日~5日 | 午後5時

11月8日の上映はありませんのでご注意ください

Expression Gallery、4階
上映時間80分 | 入場無料

カテゴリー:M18: 性的描写 & 粗暴な言葉遣い

中国語、日本語、タイ語(英語字幕)

テイ・ビー・ピン(シンガポール)、宮崎大佑(日本)、ヴィンセント・デュ(中国)、ラーシケート・スックカーン(タイ)がコラボレーションする『5 to 9』は、サッカーの2014年ワールドカップの歴史に残るブラジル対ドイツ戦の日の午後5時から翌朝9時までに世界各地で繰り広げられた報われない愛と別れを描いた4つの短編映画で構成される作品です。

『5 to 9』は、アートサイエンスミュージアムおよびシンガポール国際映画祭の共同開催により上映されます。

詳細はアートサイエンス オンスクリーンをご覧ください。

アートサイエンスレイト 

AREと宮崎大佑

AREと宮崎大佑

11月16日(木) | 午後8時

Expression Gallery、4階

先着順でお席にご案内いたします。お席には限りがございます。

日本人映画監督の宮崎大佑の「Specters and Tourists」展の一環として、同氏の演出による独立系サウンドプロジェクトおよびアートロックバンドAREによる熱気溢れるパフォーマンス「All Life is Tour」を体験してください。不特定の郊外の街や何気ない風景の映像と音楽が織りなす世界を、幻影と観光客の両方の視点から移動するユニークなライブです。

このパフォーマンスは、アートサイエンスミュージアムおよびシンガポール国際映画祭が共同開催する「Specters and Tourists」展のオープニングと合わせて行われます。

詳細はアートサイエンスレイトをご覧ください。



共同開催
 
 

 

 

1987年に始まったシンガポール国際映画祭(SGIFF)は、シンガポール最大にして最も歴史ある映画イベントです。インディーフィルム界を牽引するSGIFFは、シンガポール国内の才能ある人材の育成と奨励を目的として、映画界の新しい才能を発掘しています。鮮やかな映画体験と映画文化の深い理解を促すSGIFFは、一般に最も広く愛されている映画という芸術を促進し、地域の映画ファンが世界とアジアの多彩な映画に直接触れられるようにすることを目的としています。

アートサイエンスミュージアムが開催するSGIFFイベントの詳細は、スペシャルイベント: SGIFFをご覧ください。
SGIFFロゴ