過去のトークショー


アートサイエンスミュージアムで開催された過去のトークショーイベントのアーカイブ。

今後開催されるトークショーをチェック>

The Chronicle of Evolution with Brian Arthur & Sander van der Leeuw

Conversations: The Chronicle of Evolution with Brian Arthur & Sander van der Leeuw

13 October 2017, Friday | 3pm

Expression Gallery, Level 4

Free. Register on Level 4, on a first-come, first-served basis.

In this 9th session of the Chronicle of Evolution, pioneering technology thinker and economist Brian Arthur sets forth a bold, original way of thinking about technology in his talk The Emergence of Technology in Human History, while founding director of the School of Human Evolution and Social Change at Arizona State University, Sander van der Leeuw discusses the role of invention and innovation in the evolution of societies in his talk The Evolution of Innovation.

This lecture series is presented and discussed in 10 sessions over 10 months, covering 10 different time frames on a logarithmic scale. This 14-billion year journey will take us from the big bang, starting with the origin and evolution of the universe, galaxies, stars and planetary systems.

Each session moves one order of magnitude closer to the present time, subsequently covering the origin of organic molecules, origin of life, photosynthesis, genetic code and replication (around 1,000,000,000 years ago), the origin of multicellular organisms and vertebrates (around 100,000,000 years ago), the origin of mammals (around 10,000,000 years ago), the origin of humans and the evolution of the brain (around 1,000,000 years ago), the origin of language (around 100,000 thousand years ago), written history (around 10,000 years ago), modern history (about 1,000 ago), contemporary age (about 100 years ago), including the evolution of science and technology. This narrative will eventually bring us to today and explore how humankind might change the very course of evolution to bring us into an indeterminate future.

The 10 sessions are jointly organised by Para Limes @ NTU and A*STAR. For more information: 10-on-10 The Chronicle of Evolution.

Biographies

Brian Arthur

W. Brian Arthur is best known for his early theoretical work on increasing returns or positive feedbacks in the economy and their role in locking markets in to the domination of one or two players. He is also one of the pioneers of the science of complexity—the science of how patterns and structures self-organize. He is one of the founders of the Santa Fe Institute, and served many years on its Science Board and Board of Trustees. Recently he has investigated technology and innovation in his book The Nature of Technology, What It Is and How It Evolves (2009).

Arthur is the recipient of the inaugural Lagrange Prize in Complexity Science in 2008, the Schumpeter Prize in Economics in 1990, and two honorary doctorates. He has been Dean and Virginia Morrison Professor of Economics and Population Studies at Stanford, and Citibank Professor at the Santa Fe Institute. He is a Fellow of the Econometric Society. His other books are Increasing Returns and Path Dependence in the Economy (1994), and Complexity and the Economy, (2014).

Sander van der Leeuw

Sander van der Leeuw is the founding director of the School of Human Evolution and Social Change at Arizona State University (ASU) and the emeritus dean of its School of Sustainability. He currently is a Foundation professor in both Schools. Prior to joining ASU, van der Leeuw taught in Amsterdam, Leyden, Cambridge and Paris (Sorbonne), and conducted archaeological studies in the Near East, the Philippines, Syria, Holland, France and Mexico.

Van der Leeuw’s expertise lies in the role of invention, sustainability, and innovation in societies around the world. He is a corresponding member of the Royal Dutch Academy of Arts and Sciences and an external professor at the Santa Fe Institute. In 2012, the United Nations Environment Program named van der Leeuw the Champion of the Earth for Science and Innovation for his work on human-environmental relations. He currently directs the ASU-SFI Center for Biosocial Complex Systems at ASU.

For more details, please refer to our Facebook event page.

ASOS - Gone Shopping © Wee Li Lin

In Conversation: Aisle of Dreams

7 October 2017, Saturday | 2:30pm – 4:00pm

Expression Gallery, Level 4

Gone Shopping is filmmaker Wee Li Lin’s bittersweet look at the intense relationship between Singaporeans and the space of shopping centres. When Li Lin made the film in the mid-2000s, Orchard Road was at its prime with ION Mall being constructed and the promise of more retail fantasies to be met. Our happiness as Singaporeans and the space of the shopping centres was, arguably, one and the same.

Today, Orchard road, the state of shopping centres and our relationship with them, has changed. Our panel will discuss what does the space of the shopping centre mean to us now and perhaps in the future. We will also look at the themes of fantasy, home, identity and individuality as explored in Gone Shopping.

About the Speakers:

Wee Li Lin
One of the pioneer female filmmakers in Singapore, Li Lin’s work ranges from feature films, shorts, telemovies to online/commercial content and has a distinct comedic and fantastical touch. Awarded as ""Best Director"" at the Singapore International Film Festival and receiving a ""Star Award"" at the Shanghai International Film Festival for actress Joanna Dong for her starring role in Li Lin's sophomore feature ""Forever"", Li Lin’s films have travelled to prestigious festivals such as the Tribeca Film festival in New York, the Cairo International Film festival, the Shanghai international film festival, the Hawaii International Film Festival and many others. In 2011, the Substation's Singapore short film awards presented Li Lin with an honorary award for her commitment to the local filmmaking scene. Li Lin is a graduate of Brown University (BA in Art Semiotics) and NYU-Tisch School of the Arts (MFA in Dramatic Writing). Li Lin is also a film educator teaching film related studies at various tertiary institutions around Singapore, something she enjoys tremendously.

Professor Chua Beng Huat
 
One of Asia’s leading commentators on the sociology of shopping and consumption, Professor Chua Beng Huat has written and published multiple articles on popular culture in Asia. His book, Life Is Not Complete Without Shopping: Consumption Culture In Singapore was published in 2003. He is a professor in the Department of Sociology, National University of Singapore and has held teaching and directorship positions at Trent University, Canada and Housing and Development Board respectively. 

Sonya Nair
Sonya Nair’s debut in Gone Shopping created a stir with her poignant acting and charming demeanor as Renu. Playing an abandoned child at a 24 hour shopping mall, Renu’s character is a reflection of the lost souls who seek comfort and fantasy in shopping malls.

Register via Peatix (Refundable $5 ticket)

For more details, please refer to our Facebook event page.

Special Conversations: Martin Rees: Exploring the Cosmos

SPECIAL CONVERSATIONS: MARTIN REES: EXPLORING THE COSMOS

Friday, 16 Jun 2017 | 5:00pm – 6:30pm

Expression Gallery, Level 4

Free on a first-come-first-served basis. Register in the lobby.

Astronomer Royal Martin Rees invites you to explore the cosmos, imagining its origins and what the future might hold. In his signature style mixing humour and profundity, he encourages us to use astrophysics, and science more broadly, not only to make sense of space and time, but also to question the bigger existential reasons for our being.

About Martin Rees:

Martin Rees is a leading astrophysicist as well as a senior figure in UK science. He has conducted influential theoretical work on subjects as diverse as black hole formation and extragalactic radio sources, and provided key evidence to contradict the Steady State theory of the evolution of the Universe. He was one of the first to predict the uneven distribution of matter in the Universe, and proposed observational tests to determine the clustering of stars and galaxies. Much of his most valuable research has focused on the end of the so-called cosmic dark ages — a period shortly after the Big Bang when the Universe was as yet without light sources.

As Astronomer Royal and a Past President of the Royal Society, Martin Rees is a prominent scientific spokesperson and the author of seven books of popular science. After receiving a knighthood in 1992 for his services to science, he was elevated to the title of Baron Rees of Ludlow in 2005.

Click here for the Facebook event page.

トークショー: ステラークとスティーブ・ディクソン

トークショー : ステラークとスティーブ・ディクソン

2017年5月27日(土) | 午後2:00~午後3:30

Expression Gallery(4階)
先着順でお席にご案内いたします。ロビーにてお申し込みください。

「HUMAN+ : 人類の未来の、さらにその先へ」のオープニングプログラムとして、アートとテクノロジーの2人のパイオニアが思慮に富むプレゼンテーションとディスカッションをアートサイエンスミュージアムで繰り広げます。ステラークは、アートとテクノロジーを融合させたパフォーマーの第一人者です。「HUMAN+」では、ステラークの最近の3つのパフォーマンスが展示されます。スティーブ・ディクソンは、シンガポールのラサール カレッジ オブ アートの学長で、パフォーマンスにおけるテクノロジーに関する世界的に有名な学者です。

この2人の講演者は、遺伝子マッピング、ボディハッキング、性別適合、神経移植、顔面移植、義足や義手による拡張、タービン型心臓、そして臓器プリンティングが珍しくなくなった今日の世界を紹介し、将来における身体の位置付けと課題、「人」を定義するテクノロジー、果ては「人」の一部となるテクノロジーについて解説します。

「HUMAN+とサイバネティクス実存主義の美学」スティーブ・ディクソン

スティーブ・ディクソンは、サイバネティクス実存主義のテーマで活躍するアーティストに注目し、2つの分野が融合するコンテンポラリーアートとパフォーマンスの新しいテーマとしてとらえています。

スティーブ・ディクソン

国際的に有名な研究者のスティーブ・ディクソン教授は、アーティストとしての顔も持ち、高等教育のリーダーシップとプロのクリエイターとしての両方で活躍しています。彼は、2012年2月にラサール カレッジ オブ アーツの第6代学長に就任。

俳優として活躍し、映画とデジタルメディア制作の分野での受賞に輝くキャリアを残した彼は、1991年に学術の世界に身を投じ、パフォーマンスアートにおけるメディアとコンピューティングテクノロジーの使用に関する研究で国際的な評価を受けています。

800ページの大著となった『Digital Performance』は、このテーマを扱った最も包括的な学術書として評価され、米国出版協会のExcellence in Music and the Performing Arts部門をはじめとする多くの国際的な賞を受賞しました。

戦略的なビジョナリーリーダーとしての実績を確立しています。ラサールの学長に就任する前は、ロンドンのブルネル大学の美術学部の学部長と大学副総長を歴任しました。

「新しい解剖学的構造: 身の毛もよだつ神秘的で競争可能な体」ステラーク

過去40年にわたって、ステラークはロボティクスの美学、倫理、工学に加えて、視覚系、そしてバイオテクノロジーに関する質問を投げかけて人体との新しいインターフェイスを模索し、将来の世界の可能性と課題に厳しい視線を投げかけてきました。ステラークは、「HUMAN+」エキシビションの中核を成す自身の作品を解説します。

ステラーク

ステラークは、新しい解剖学的構造を模索し、行為、アイデンティティ、そして人類進化に関する課題を追求しています。ステラークは、「Third Hand」、「Stomach Sculpture」、そして「Exoskeleton」(6足歩行ロボット)などのパフォーマンスで広く知られています。ステラークの「Fractal Flesh」「Ping Body」、および「Parasite」は、リモートの自発的振り付けを展開するインターネットパフォーマンスです。ステラークは、自身の腕に耳を移植してインターネット接続しようとしています。1996年に米国のピッツバーグにあるカーネギーメロン大学のアート アンド ロボティックスの名誉教授に就任し、2002年にメルボルンのモナッシュ大学から法学の名誉博士号を受けています。2010年にはArs Electronica Hybrid Arts Prizeを受賞。2015年にオーストラリア カウンシルのEmerging and Experimental Arts Awardを受賞しました。2016年には、ギリシャのキルケラにあるイオニアン大学の名誉博士号を授与されています。現在、ステラークは、オーストラリアのカーティン大学のデザインおよびアート学部のディスティングイッシュド リサーチフェローを務めています。ステラークの作品は、メルボルンのScott Livesey Galleriesに展示されています。

「HUMAN+」では、彼の最近の3つのパフォーマンスが展示されます。「Propel: Body on Robot Arm」(2015年)、「Rewired / Remixed: Event for Dismembered Body」(2016年)、および「Stickman」(2017年) また、ニナ・セラーズによる「Extra Ear」プロジェクト記録も公開されます。

提供:ラサール カレッジ オブ アーツおよびカーティン大学

詳細についてはこちらをクリックしてFacebookのイベントページをご覧ください。

         

トークショー: 未来人 (フューチャーサピエンス)

対談: 未来人 (フューチャーサピエンス)

5月20日(土) | 午前11時~午後6時

Expression Gallery(4階)

先着順でお席にご案内いたします。ロビーにてお申し込みください。

私たちが語る進化にはどのような意味があるのでしょうか。そして、私たち人類を待ち受ける未来はどのようなものなのでしょうか。今日の科学の時代に私たちを人間たらしめるものは何でしょうか。そして人間である私たちに新しいテクノロジーはどのような課題を突きつけているのでしょうか。「HUMAN+ : 人類の未来の、さらにその先へ」に関連するさまざまなアイデア、アートワークや試みに関するトークを織り交ぜながら、この対談はさまざまな次元、社会的コストや人類の進歩によって生じる意図しない結果などについて聴衆を深い思索の旅へと誘います。

このプログラムは、芸術家のアガサ・ヘインズ、芸術理論家で学芸員のグナラン・ナダラヤン、デザイナーでロンドンゴールドスミス・カレッジの講師を務めるジミー・ロイゾー、芸術家で南洋理工大学の准教授を務めるルイ=フィリップ・デマーズ、芸術家でSymbioticAの所長オロン・カッツ、タントクセン病院のプロテーゼ サービス部門を統括するトレバー・バインデルをはじめとする多くの講演者を迎えてお送りします。 

このプログラムは「HUMAN+ : 人類の未来の、さらにその先へ」のオープニングの一環として開催されます。

詳細については、こちらをクリックしてFacebookのイベントページをご覧ください。

トークショー: 宇宙はあなた自身

トークショー : 宇宙はあなた自身

4月1日(土) 午後2時

エクスプレッション ギャラリー (4 階)

この「対談」イベントに参加して創造力を宇宙へ解き放ってください。歴史、文化的背景、科学などのさまざまな視点から宇宙の謎を探ってみましょう。人間の存在、私たちの夢の軌跡、宇宙の解釈、そして人間の未来について一度じっくりと考えてみませんか。

このプログラムは、「宇宙とアート」のオープニングの一環として開催されます。

トークショー: 荒野を開く

トークショー : 荒野を開く

2月11日 | 午後2時~4時

アートサイエンスミュージアム、Inspiration/Expression Gallery4階

すべての世界が繋がりあう21世紀の現代、アートとテクノロジー、そして自然の関係もますます切り離せないものとなりつつあります。自然界との関係をもう一度考え構築するにあたり、新しい技術は人間らしさを模索し、社会変革のためにアートを通して環境を統一するための機会として受け入れられています。

今回のトークセッションは、ミュージアムの新常設展示「INTO THE WILD : バーチャルネイチャーの世界へ」の公開を記念したものです。当展示を生み出したテクノロジーアーティストたちと環境サステナビリティのリーダーたちを招待し、自然とデジタルテクノロジー、そしてアートとわれわれ人間の切っても切り離せない相関性や、今後の世界に対する展望について語っていただきます。講演者はブライアン・ゴトーン・タン氏(「INTO THE WILD : バーチャルネイチャーの世界へ」委託アーティスト)、ミゲル・ドゥ・アンドレス=クラベラ氏(Googleアジア太平洋、クリエイティブテクノロジー部長)、Sunarto氏(野生生物生態学者、世界自然保護基金インドネシア)、ケビン・テン(マリーナベイ・サンズ持続可能性部門エグゼクティブディレクター)で、司会はオナー・ハージャー(アートサイエンスミュージアム エグゼクティブディレクター)が務めます。

 

次の40億への歩み

次のフロンティアへの歩み

2月14日 | 午後4時~午後5時30分

シンガポールで初めて、NASA副長官のダバ・ニューマン博士とプロジェクトシステムエンジニアで火星探査車キュリオシティ前リードフライトディレクター、NASAジェット推進研究所(JPL)のデビット・オー博士の話を聴く機会です。彼らはNASAの火星ミッションに関する知見およびJPLミッションの科学的探究が私たちの太陽系に対する理解をいかに変えたかについての洞察を共有します。また、ニューマン博士とオー博士は化学、技術、エンジニアリング、芸術、数学(STEAMd)教育について議論し、NASAの最新ディスカバリー・ミッション、小惑星プシケの金属世界への旅は、新しいフロンティアに挑みます。

この特別なパネルディスカッションはEmTech AsiaおよびNASAの協力の下アートサイエンスミュージアムが主催します。EmTech Asiaが2017年2月14日~15日にマリーナベイ・サンズで開催されます。このイベントではロボット工学や人工知能、ゲノム編集、サイバー・セキュリティ、バーチャル・リアリティ、宇宙技術を始めとする私たちの生活を変える大きな可能性を秘めた新たな技術を詳しく見ていきます。

ここからすべてが始まる

宇宙のアートとサイエンス シーズンの一環

1月21日、午後2時~午後3時30分

宇宙開発競争の60周年を記念し、「宇宙のアートとサイエンス」シーズンの一環として、業界をリードする著名人たちが、航空業界での経験、航空宇宙技術の進歩、有人宇宙飛行の未来などについて語るトークをお聞きください。

ユナイテッド航空カントリーマネージャー、ローレンス・チン氏は、同社での勤務に関する個人的な体験をシェアしてくれます。ユナイテッドは航空業界のイノベーションをリードするパイオニア企業です。航空業界での重要な節目に対する印象や思い出を語り、航空宇宙技術との大事な出会いによっていかに彼の人生の進路が変わったかについて振り返ります。

火星への有人探査がこれまでにないほど実現に近づいている現在、ボーイング防衛・宇宙・安全保障部門ディレクター、ロバート(ボブ)・ガニェ氏は宇宙探検の次なるステップを指揮することに対する見識を紹介してくれます。地球の軌道を越えた宇宙空間を探検する新時代のために作られた最先端ロケット、NASAのスペース ローンチ システムへのボーイング社の関与について学び、人類に貢献する研究プロジェクトの数々から刺激を受けましょう。

 

プログラム

         アニタ・カプール氏(テレビ司会者)による歓迎の挨拶と紹介

         ユナイテッド航空カントリーマネージャー、ローレンス・チン氏

         ボーイング防衛・宇宙・安全保障部門グローバル販売カントリーディレクター、ロバート(ボブ)・ガニェ氏

·         質疑応答

ベンチャ・クリスト氏による見識トーク

宇宙のアートとサイエンス シーズンの一環

1月21日土曜日、22日日曜日 午前11時30分

インドネシアのアーティスト、ベンチャ・クリスト氏の話を聞くまたとない機会をお見逃しなく。彼が宇宙に強く興味を持つようになったきっかけ、いかにアートが彼の探求心を表現するのに役立ったか、そしていかに地球にいながら遠い宇宙空間と接触しているか、などについて語ってくれます。この機会に彼のアート作品「インドネシア宇宙科学協会」もチェックしましょう。これはNASA : ヒューマン・アドベンチャー展に追加された作品です。この作品では、宇宙の天体から正確なデータを収集する自作の無線アンテナを通じて送受信される宇宙電波を表現。

NASA : ヒューマン・アドベンチャーのチケットをお持ちのお客様は無料。

アートサイエンスミュージアムの「NASA : ヒューマン・アドベンチャー」

ドリーム スペース

11月19日(土曜日)午後2時

司会:アダム・ライル、Padang&Coの経営執行役会長

大人気の展示会「NASA – A Human Adventure」のオープニングを飾るのは、人間の宇宙探査の旅をめぐる魅力的なトークショーです。人類の宇宙への旅がいかにして進歩し変貌を遂げてきたのか、科学者、宇宙飛行士、宇宙の先駆者の話を聞いて近未来の宇宙旅行に思いを馳せてください。東南アジアの宇宙産業界をリードする人物たちが、宇宙探査の地域的な取り組みについてお話しします。

- ビドゥシ・バッタチャリャは、宇宙船の開発・運用分野に携わるシンガポールのロケット科学者です。社会に役立つ宇宙技術の利用について話します。
- ライネット・タンは、シンガポール宇宙技術協会について話します。
- イズミール・ヤミンは、マレーシアから月へ惑星探査機を送る先駆的な計画について話します。
- ハウス オブ ナチュラル ファイバーのヴェンザ・クリストが、インドネシア宇宙科学協会について話します。

宇宙を夢見ること、夢の宇宙を目指すことをテーマにしたこのトークショーにぜひご参加ください !

午後2時 ご挨拶:オナー・ハージャー
アートサイエンスミュージアム、エグゼクティブディレクター
午後2時5分 カンファレンスのご紹介:アダム・ライル
Padang & Co、エグゼクティブチェアマン
午後2時10分 ユッカ・ヌルミネン
「NASA - A Human Adventure」キュレーター
午後2時30分 ヴェンザ・クリスト
インドネシア宇宙科学協会、アーティスト
午後2時50分 ビドゥシ・バッタチャリャ博士
バッタチャリャ スペース エンタープライゼス創業者、CEO
午後3時10分 質疑応答
午後3時25分 休憩
午後3時45分 再開のご挨拶:アダム・ライル
午後3時50分 イズミール・ヤミン
Independence-X Aerospace and Pulsar UAV、創業者およびCEO
午後4時10分 ライネット・タン
シンガポール宇宙技術協会(SSTA)、ディレクター
午後4時30分 カーター・エマート
アメリカ自然史博物館、ディレクター オブ アストロビジュアリゼーション
午後4時50分 質疑応答
午後5時10分 終了
アートサイエンスミュージアム トークショー

ア ベリー シリアス ゲーム

9 月 24 日 (土曜日) | 午後 2 時

時代の先駆者、M.C.エッシャーは当時誰もが想像だにしなかった世界を提案しました。心のおもむくままに緻密なディテールを追求した彼の作品は、私たちの見ている世界に新たな視点をもたらします。トークショーへお越しください: 「ア ベリー シリアス ゲーム」展では、アートと数学の世界について、そしてエッシャーの作品が今日のアーティスト、コンピュータープログラマー、数学者に与えた影響について詳しく迫ります。 

講演者は、「無限迷宮への旅 : M. C. エッシャーの驚異の世界」のキュレーター、フェデリコ・ジュディチェンドレ博士、M.C.エッシャーの驚異の世界」のキュレーター、フェデリコ・ジュディチェンドレ博士、シンガポール工科デザイン大学VGDグループ准教授サイキット・イェン博士、アーツフィションの共同設立者であり芸術監督のアンジェラ・リオン、芸術家でありWOHA Architectsの創設者のリチャード・ハッセル、シンガポール国立大学心理学部准教授マリア・コジェヴニコフ博士、モデレーターはオナー・ハージャーです。

内容 :
午後 2 時 あいさつ : オナー・ハージャー、アートサイエンス ミュージアム、エグゼクティブディレクター
午後 2 時 10 分 フェデリコ・ジュディチェンドレ、キュレーター
午後 2 時 25 分 リチャード・ハッセル、WOHA の創設者
午後 2 時 45 分 質疑応答
午後 3 時 休憩
午後 3 時 10 分 サイキット・イェン博士、シンガポール工科デザイン大学 VGD グループ准教授
午後 3 時 30 分 アンジェラ・リオン、「The Arts Fission Company」芸術監督
午後 3 時 50 分 マリア・ コジェヴニコフ博士、シンガポール国立大学心理学部准教授
午後 4 時 10 分 質疑応答
午後 4 時 25 分 終了

アートサイエンスミュージアム トークショー

データルート

5 月 21 日 (土曜日) | 午後 2 時

ビッグデータ時代に対する心の準備はできていますか? ビッグデータがたどってきた道のりや、デジタル時代の情報の伝達、共有、利用方法に及ぼす影響について調べ、議論します。


アートサイエンスミュージアム トークショー

さまざまなエピソードや見識に触れてください。VAN CLEEF ARPELS:宝石のアートとサイエンスを発見

4 月 23 日 (土曜日) 午後 2 時

新しい展示会「Van Cleef & Arpels、宝石のアートとサイエンス」の背景にある宝石学と芸術性について、わかりやすいプレゼンテーションでご紹介します。講演者には、Van Cleef and Arpels のニコラス・ボス社長兼CEO、ヘリテージディレクターのカトリーヌ・カリユー、フランス国立自然史博物館のブルーノ・ダヴィッド館長博士などを予定。


アートサイエンスミュージアム トークショー

明かりを見ること

3 月 12 日 (土曜日) | 午後 2 時~午後 4 時 30 分

デジタルテクノロジーはアートの体験を広げ、デジタルアートは人と人との新たな関係を作ります。このトークショーでは、ミュージアムの常設展示のスタートを記念して、新世代のウルトラテクノロジストやデジタルクリエイターの作品と、これらの活動がシンガポールにもたらす意味について考えます。teamLabの猪子寿之氏、ギャラリー経営者の眞田一貫氏、「i Light Marina Bay」の共同キュレーター、ランディ・チャン氏のトークをお楽しみください。


アートサイエンスミュージアム トークショー

トークショー「隙間:アートとテクノロジー 隙間:アートとテクノロジー

ギャップを超えて - ヴィベケ・ソレンセンによる基調講演

2月27日(土曜日) | 午前10時45分~午前11時10分

私たちは未来に目を向け、現在のアートとテクノロジーを取り巻くギャップを超えて、どこへ向かうのか。

女性、アート、テクノロジー

2月27日(土曜日) | 午前11時15分~午後12時30分

このパネルディスカッションでは、社会、テクノロジー、経済システム、教育、芸術、文化における制度的なギャップについて自由に意見を交わします。

パネルディスカッション2:

東南アジアのデジタルアート

2月27日(土曜日) | 午後1時15分~午後2時30分

このパネルディスカッションでは、デジタルアート分野でのキュレーターとしての実践や懸念、挑戦について、東南アジアのキュレーターの視点でディスカッションを行います。東南アジアの芸術、文化、デジタルの隙間はどこにあるのか。

「感情、アート、政治」講演:ナサニエル・スターン

2月28日(日曜日) | 午前11時~午前11時30分

ナサニエル・スターンが、特定の作品を通じて、インタラクティブアートやショーで体を動かしながら考える感覚の枠組みや、そのような体験をすることで現在の活動を改めて実践し、関係する仕組みを考察します。

LIAのエッセイ発表

2月28日(日曜日) | 午前11時40分~正午

アート、ジェンダー、テクノロジーの隙間を探る、LIAによる事例エッセイ。


アートサイエンスミュージアム トークショー

トークショー : トークショー:ピーター・ジェニ博士

1 月 30 日 (土曜日) | 午後 2 時~午後 3 時

権威ある実験素粒子物理学者ピーター・ジェニ博士が、CERNのアトラスの世界の内側と、この旅がどのようにヒッグス粒子の発見に至ったかを中心にお話します。