生命の限界の果て

生命を生み出す、あるいはその寿命を延ばすことの本当の意味とは何なのでしょうか。人の生命と寿命をテーマとする「生命の限界の果て」では、アガサ・ヘインズの外科手術による身体改造が施された5体の乳児の彫刻、オロン・カッツとイオナット・ズールによる有機的なアートワーク、そして人生の終わりをテーマとしたフリーヨナス・ウルボナス、ジェームス・オージャー、そしてジミー・ロイゾーの対極的な作品も展示されています。

 

私たちの身体は、その機能を維持したまま外科手術によって引き伸ばされたり移動させたり、そして縫い付けたりすることができます。子供が障害を持って生まれた場合、その家族や医師は、将来平均的な生活を送れるよう、その子の身体機能を向上させようとします。しかし、それ以上のことを望むことはできないのでしょうか? 医学的に通常の身体機能を拡張し、より優れた能力を手に入れることは許されないのでしょうか?

アガサ・ヘインズによる「Transfigurations」は、身体改造が行われた5体の乳児の彫刻で構成されています。それぞれの身体改造は、医学的または環境的なものから社会的行動に関するものまで、乳児がこれから直面する可能性のある問題に対処するために行われています。両親が子供の将来のために手を加えることに制限はあるべきなのでしょうか? どのような状況においてなら、子供の身体改造を施すことが許されるのでしょうか?

Transfigurations(2013年)
アガサ・ヘインズ