アートサイエンス オンスクリーンの過去の映画


アートサイエンス オンスクリーンの過去の映画イベントのアーカイブ。

過去の映画 
 


アートサイエンス オンスクリーンの『5 to 9』

アートサイエンス オンスクリーン:5 to 9

11月5日、11日~12日、18日~19日、26日、12月3日 | 午後2時、午後3時30分、午後5時

11月6日~10日、13日~14日、17日、20日~21日、23日、27日、12月4日~5日 | 午後5時

11月8日の上映はありませんのでご注意ください

‬Expression Gallery、4階
上映時間80分 | 入場無料

カテゴリー:M18: 性的描写 & 粗暴な言葉遣い

中国語、日本語、タイ語(英語字幕)

4つの短編映画で構成される『5 to 9』は、サッカーの2014年ワールドカップの歴史に残るブラジル対ドイツ戦の日の午後5時から翌朝9時までに世界各地で繰り広げられた報われない愛と別れを描いた作品です。

中国では、出稼ぎ労働者が3,000人民元を貯め、ついに中年の娼婦と一夜を過ごすことに。しかし、彼女はその夜、街を出るつもりだった。シンガポールでは、地元の教師が中国人の愛人とデートに出かけ、サッカーの勝敗に恋の行方を賭ける。日本では、ポルノ映画の映写技師が、貧しい人々のためにヤクザから借金を取り立てる。最後のエピソードとなるタイでは、SF映画のラストシーンを撮影する現場を舞台に、カメラの向こうに立つ監督が、主役の男優と自分の妻である女優の仲を疑う。

監督:テイ・ビー・ピン(シンガポール)、宮崎大佑(日本)、ヴィンセント・デュ(中国)、ラーシケート・スックカーン(タイ)

『5 to 9』は、アートサイエンスミュージアムおよびシンガポール国際映画祭の共同開催により上映されます。

アートサイエンス オンスクリーン:アニメシーズン

アニメシーズン

会場: エクスプレッション ギャラリー (4 階 )
日付: 6月9日~11日、14日、15日、17日~25日
営業時間 : 午前10時30分、午後12時35分、午後2時40分、午後4時45分

上映時間: 2時間5分

両親と離れて迷子になってしまった10歳の女子が、何もかもが現実とは違って見える精霊の世界で境界の冒険に出かけます。魔法の石を持った幼い孤児二人が、伝説の天空の城を探して、空賊の一団と競い合います。二人の姉妹が近くの森に住む不思議な生き物に出会います。その生き物はやがて、二人の日常生活において重要な存在となります。竹の中から生まれた天女が、自分の運命を切り開くためにできる限りのことにチャレンジします。

チルドレンズ シーズンと並行して、アートサイエンス オンスクリーンでは、象徴的なアニメ製作所、スタジオジブリによる、受賞歴のある歴代のアニメ作品の数々を上映します。最高の夢の製作所による驚異的なビジュアルの美しさと想像力を、4本の傑作を通じてお楽しみください。6月から7月まで上映します。

日時に関しては、 こちらをクリックしてください。

ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Look at the Earth from the Universe 

Venue: Expression Gallery, Level 4
Dates: 3 – 5 Jun (Shown in a continuous loop) 

Running time: 1hr 43min

'Look at the Earth from the Universe’ is a companion programme of single screen artists’ films to compliment The Universe and Art: An Artistic Voyage through Space. The exhibition is a journey through the cosmos, exploring where we came from and where we are going. It weaves a rich constellation of Eastern and Western philosophies, ancient and contemporary art, and science and religion, to explore how humanity has constantly contemplated its presence in the Universe.

With elements of science fiction and strong strands of performance, ‘Look at the Earth from the Universe’ explores our fascination with space and questions what might happen in an encounter with other intelligent life. 

This screening programme of single-channel video works was curated by Tsubaki Reiko (Associate Curator at Mori Art Museum, Tokyo). It is a part of ArtScience Museum’s Art and Science of Space season. 
 

ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Facing the Unknown

Running time: 13 minutes 59 seconds
Rating: G

As often in Yamamoto Takayuki’s practice our world in this video is reflected in the eyes of the child. As the wonders of the universe is explained in its increasingly intricate detail, flickers of wonder at its scale as well as frustration at its complexity register in the eyes of two small children. As a professor of physics explain the phenomena of black holes, much of what they felt they knew about the world becomes undone. 

About Director: Yamamoto Takayuki 
Yamamoto Takayuki is a Japanese artist, based in Tokyo and has a background as a teacher. As an artist he works in mixed media and has exhibited his work internationally.

 

ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

The Moonwalk Machine 

Running time: 5 minutes 4 seconds
Rating: PG

“The Moonwalk Machine – Selena’s Step” is a short film visualizing an amateur scientist Selena’s attempt to imitate her idol, a superhero Lunar Girl by constructing a high heel rover and launching it on the surface of the moon. To create Selena's rover, Sputniko! sought out NASA's Universities Space Research Association and Lunar Planetary Institute for an accurate prototype. Through a series of complex calculations, scientific breakthrough, and hands-on engineering our protagonist rewrites history to leave a very female imprint on our space legacy.

About Director: Sputniko! 
Sputniko! is a British/Japanese artist and scientist whose works push the boundaries of gender and cultural norms and include machines, robotics, music and video practices exploring issues surrounding technology and pop culture. 

ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

The Space Camp

Running time: 6 minutes 46 seconds
Rating: PG

Produced on the occasion of Tom Sachs' “Space Program: MARS 2012” at the Park Avenue Armory in New York, “Space Camp” is an athletic, dietary and psychological conditioning program, designed to prepare Tom Sachs' crew for the rigors of the Mars mission. Handmade but carefully studied and obsessive in detail, the crew recreates every aspect of a space program regime, the minutia of the costume and comradery of the mission. 

About Director: Tom Sachs
American sculptor Tom Sachs often recreates culturally significant objects or event in inexpensive, non-industrial materials. 
 
ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Newton

Running time: 4 minutes 16 seconds
Rating: PG

In a multimedia practice Singaporean artist Ho Tzu Nyen often juxtaposes historical facts and with performed rituals and absurd or humourous situation. In Newton, we are one hand floating in gravity-defying whiteness, whilst at the same time watching a seemingly significant white opus falling to hit our all-white protagonist in the head. In a Sisyphean circular narrative, normal laws of physics and time seem to have been dissolved, and action have little or no consequence.

About Director: Ho Tzu Nyen 

Singaporean artist Ho Tzu Nyen represented Singapore in 54th Venice Biennale and has participated in Cannes Film Festival and Sundance as well as numerous media art festivals and international exhibitions.
 
ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Planet A & Planet Z 

Running time: 17 minutes 10 seconds
Rating: G


A first work in the Planet series, “Planet A” shows a worrisome, strange yet playful world composed only of salt crystal formations. The physical beauty and corrosive character of these crystals appear like an invading and dangerous force in a fragile ecosystem. 
In Planet Z, the second in the Planet series, the artist creates a gigantic world out of oddly domestic protagonists: sprouts, mold and fungus. These tiny elements infest and colonise, in a dystopian vision of a rapidly changing world. 

About Director: Seto Momoko
Through her video works, extensively presented at prominent film festivals around the world Japanese artist Momoko Seto invites us to undertake sensorial journeys through highly poetic and unusual worlds. 

ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Towards the Possible Film

Running time: 19 minutes 20 seconds
Rating: PG

In a surreal encounter, two otherworldly figures meet the indigenous inhabitants of a rocky coast. The meeting of tribes is charged with tension and distrust, and narrated in hallucinatory, distorted bursts. Their indigenous dialects long forgotten and their temples in ruins, perhaps the inhabitants here have reason to be on guard, as the fragility of civilisations is explored as a science fiction narrative, with strong colonial undertones.

About Director: Shezad Dawood
London based artist Shezad Dawood creates multi-media works drawing inspiration from his Pakistani, Indian and British cultural heritage. His poetic practice across a variety of media is concerned with notions of place and language and translation.
 
ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Black Rain

Running time: 3 minutes
Rating: PG

“Black Rain” is made in collaboration with scientists and sourced from images collected by the twin satellite, solar mission, STEREO. Here we see the HI (Heliospheric Imager) visual data as it tracks interplanetary space for solar wind and CME's (coronal mass ejections) heading towards Earth. Using raw scientific satellite data which has not yet been cleaned and processed for public consumption, the work reminds us of the presence of the human observer who endeavors to extend our perceptions and knowledge through technological innovation.

About Director: Semiconductor 
Semiconductor is an artist duo made up of UK artist duo Ruth Jarman and Joe Gerhardt. Their moving image works are concerned with scientific practices and data, and has been exhibited internationally.
 
ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Trinity

Running time: 17 minutes 40 seconds
Rating: PG

A re-imagination of traditional the traditional myths of Mao Son, who is said to have come from Venus millions of years ago. During a new visit to contemporary Japan, the Defender Lord wants to reassemble the trinity of Love, Power and Sun to bring harmony and peace to the universe. In a fluid mix of genres, the film questions the role of outsiders and highlights the tension between tradition and new thinking.

About Director: Alexandre Maubert
Alexandre Maubert is a French filmmaker and visual artist. His work is often concerned with mythologies of the part and notions of utopia of the future.

ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Space Noise 

Running time: 8 minutes 25 seconds
Rating: G

Space Noise is an ongoing project that has already been shown in 18 countries around the world since 2013. Evolving through partnerships with musicians and video artists, it is usually shown as a live performance. Here the artist presents a shorter version of the work, provoking the imagination of a viewer by playing with the qualities of film.

About Director: Makino Takashi
Japanese artist Makino Takashi’s practice engages in experimental film. His video works explore the unique qualities of the medium, in particular its treatment of time and relationship with audience. Abandoning conventional structure, the artist layers images over each other and often performs live to allow them to interact in ways that also harness the qualities of chance. With the help of musician collaborators, Makino Takashi creates unpredictable encounters.
 
ArtScience on Screen: Look at the Earth from the Universe

Lunar Economic Zone

Running time: 4 minutes 19 seconds
Rating: G

From a mid-autumn lunar celebration in 2028, this animation reflects a version of the future where China has mastered the extraction of ‘lunar minerals’ and has become a resource-rich and technologically advanced superpower. The film unfolds as a Mid-August Day Lunar Mineral Parade takes place in the newly-formed Lunar Economic Zone, an administrative agglomeration of Shenzhen and the Moon. In this not too distant future many of the hallmarks of our contemporary life remains, and the parade although grander and more urban that we could currently imagine still carries an uncanny resemblance to the world today. 

About Director: Zhan Wang 

London-based artist Zhan Wang works in a variety of media, including sculpture and video. Motifs are often appropriated from contemporary Chinese culture and treated in a simple yet thought-provoking way. 
 
アートサイエンス オンスクリーン:宇宙映画

アートサイエンス オンスクリーン:宇宙映画

刺激的なスペースアドベンチャーを探検! 1960年代にNASAの中核チームの一部を構成していた女性数学者、プログラマー、エンジニアに従い、月の影の部分の孤独や予期しない人工知能との親交を体験したり、ブライアン・コックス氏と太陽系の不思議を調べたり、宇宙で他の生物形態を発見した場合に私たちが直面する課題について想像してみましょう。

ファミリーフライデーのイベントでは、これまでの多くの子供向けSFアドベンチャーをもとに、自分の宇宙船を作る夢が叶ったり、 友好的な宇宙人が一緒に生活するためにやって来たりしたらどうなるかを試すことができます。

画像著作権: ヒドゥン・フィギュアズ、20世紀フォックス

アートサイエンス オンスクリーン:水

アートサイエンス オンスクリーン:Water

あらゆる生命の源として、水は人類の生存に欠かせないものであり、時として破壊的な力を持つことがあります。水は白昼夢やファンタジー、宗教儀式のテーマとして、しばしば文学や映画において複雑で感情的な関係のメタファーとして描かれます。ここで紹介する7本の長編映画シリーズ「Water」では、気候変動や海洋保全を始め、文化遺産、記憶、遊戯、ロマンス、死など幅広いテーマにまつわる水の存在を取り上げています。

シャーマン・オン、アピチャートポン・ウィーラセータクン、ウー・ミン・ジン、チャーリーベブス・ゴヘチア、ミン・グエン・ヴォーやカミラ・アンディニといった有名な東南アジアのアーティストや映画製作者による作品に描かれているのは、非常に広い観点から、深く本質に迫る水の物語です。オンの映画「Flooding in the Time of Drought」で描かれる水はシンガポールの臨時外国人労働者の仕事の盛衰のメタファーとして描かれ、一方アピチャートポンの「Mekong Hotel」では水が対立や悪行の源や背景として描かれています。ウー・ミン・ジンがカメラを通して伝える「Woman On Fire Looks for Water」は、マレーシアの生業としての伝統漁法の消えゆく状況を描いた傑作です。チャーリーベブス・ゴヘチアの「Chasing Waves」では、環境と政治情勢のせいで引き裂かれる家族の中にある、2人の少年のイマジネーションを垣間見ることができます。また、グエン・ヴォーはSFスリラー「2030」で気候変動を真っ向から取り上げています。カミラ・アンディニもまた直接的なアプローチで減少する海洋資源について「The Mirror Never Lies」で取り上げ、修復不可能な危機の淵に立つインドネシアの漁村の物語を巧みな手法で見せます。   

2017年3月1日上映終了





Lo and Behold: つながる世界の夢想

ヴェルナー・ヘルツォーク監督作品

もはやインターネットのない生活など考えられない世の中に生きている私たちですが、インターネットがどこまで社会を複雑化し、またどれほど未知の可能性を秘めているのかについて改めて考えることはほとんどありません。奇才ヴェルナー・ヘルツォークはそんな時代を見つめ、起業家イーロン・マスクからゲーム中毒者にまでわたる幅広いインタビューを通して、大胆かつ空想に満ちた観点から、インターネットにより急速につながりだした世界をスピード感とユーモアを交えて映し出します。「Lo and Behold」は、「ビッグバンデータ」展とあわせて上映されます。

ヴェルナー・ヘルツォークは「アギーレ / 神の怒り」 (1972 年) 、「フィツカラルド」 (1982 年) 、「グリズリーマン」 (2005 年) などの名作で知られる、世界トップクラスの映画監督。15歳で映画製作に関わりはじめ、それ以来70本を超える映画の脚本、製作、監督を手掛けてきました。そしてその40年以上にわたる輝かしいキャリアを通じて、不可能な夢を追うヒーロー、特異な才能を持つ人々、自然と対峙する人間の描写において常に革新を起こし続けてきたのです。ヘルツォークの映画づくりは常識の枠にとらわれることを知らず、蒸気船をロープで引き上げ山を越えさせたり(「フィツカラルド」1982年)、NASAの科学者たちとコラボレーションしたり、(「ザ ワイルド ブルー ヨンダー」2005年)、大胆に新しいテクノロジーを取り入れたり(「世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶」2010年)といった斬新なアプローチで映画を完成させてきました。また、数々の名誉ある賞も受賞しており、2009年には、タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも名を連ねました。

2017年1月9日上映終了


アニマ・マンディ

「アニマ・マンディ」は、ゴッドフリー・レジオ監督による短編ドキュメンタリー映画。この映画は、音楽と映像の融合により、多様な生物が織り成す詩的で荘厳な臨場感あふれる世界を描き出しています。オリジナルの映像に自然主義映画分野の既存の映像を織り交ぜて制作された「アニマ・マンディ」は、無数の種、生態系、生息環境が調和し、一体となってこの驚異の世界を作り上げている、限りない多様性を讃えています。

この映画は、Bulgariの委託を受け、自然の美しさを讃え、世界自然保護基金(WWF)の生物多様性の保全運動をサポートするために制作されました。

2016年8月17日上映終了


クジラの島の少女

ニュージーランドの東海岸を舞台にしたアカデミー賞ノミネート作品「クジラの島の少女」は、何百年も前からそこに暮らす部族、ファンガラの物語です。主人公は11歳の少女、パイ。彼女は、自分はファンガラの新族長になる運命にあると信じています。しかし、ハワイキからクジラにまたがりこの地にやってきたパイケアの子孫として最初に生まれた男が族長にならなければならないというしきたりがあります。男を族長にするというしきたりに縛られるパイの祖父、コロ。パイは世界中の誰よりもコロが大好きですが、自らの運命を全うするため、コロと、そして数百年来の伝統と戦わなくてはなりません。

2016年7月29日上映終了


オブザベーション - マリーナベイ・サンズのアートサイエンス オンスクリーン

オブザベーション

「オブザベーション」は、アーティストの動画作品を通じて、科学的な探求、つまり科学を題材にした観察の方法が、どのようにしてアートの実践に意味をもたらすかを探るプログラムです。4人の国際的なアーティストの作品を通じて、アーティストの目線から見た世界がいかに異なっているかを伝え、好奇心の素晴らしさを讃えます。作品はそれぞれ、ナノテクノロジー、自然界、音波、私たち自身の体の実体といった異なる題材を取り上げ、様々な方法でその対象に迫ります。これらの作品を全体として見ると、私たちを取り巻く世界を探求し、受け止め、視覚化する芸術的なプロセスの力強い可能性が感じられます。彼らの探求は、ありふれた観察の枠を突き抜け、他のまだ見ぬ世界への扉を開ける視覚と音の旅へ誘います。 

Semiconductor(イギリス)、黒川良一(日本)、Skoltz_Kolgen(カナダ)、ローヒニー・ディヴェーシャル(インド)による作品を特集します。

2016年2月22日上映終了


Particle Fever - マリーナベイ・サンズのアートサイエンス オンスクリーン

「Particle Fever」

2013年のドキュメンタリー映画「Particle Fever」は、科学的発見がなされた最も重大な瞬間のひとつに立ち会わせてくれます。史上最大の実験、大型ハドロン衝突型加速器の準備と立ち上げに携わる6人の科学者を追った、深く心動かされるドキュメンタリー映画です。私たちを取り巻く世界についての理解の枠を越えようとする彼らの一喜一憂、そして将来への不安と希望を辿ります。 

2016年2月14日上映終了