ミュージアムのFUTUREEVERYTHING SINGAPORE

2015年10月17日~18日

FutureEverythingは、1995年に設立された、デジタルカルチャーについての受賞歴のあるイノベーションラボ。毎年フェスティバルを開催しています。 20年にわたり、デジタルな議論の中心的テーマとなっている、テクノロジーと社会と文化の接点を探ってきました。 今年、ミュージアムはFutureEverythingと共同で、シンガポール初の大規模なデジタルフェスティバルの一環として様々な主要アクティビティを実施します。 このフェスティバルでは、シンガポールのデジタルカルチャー促進に関する一般参加型の議論を通じて、スマート国家のテーマを探り、市民と統治、芸術、デザイン、テクノロジーにとっての可能性を検証します。また、様々なコンファレンスやライブイベント、体験型セッションが予定されており、シンガポール国民、観光客、国際的なアーティスト、思想的グローバルリーダーなど、数千人規模の集客が見込まれています。

マンチェスターで毎年フェスティバルを開催している、デジタルカルチャーについての受賞歴のあるイノベーションラボ、FutureEverythingとシンガポールの情報通信開発庁(IDA)の提携によって開催されています。 このフェスティバルはアンブレラプログラム、Festival of Techの下で開催されています。

 

10 – 18 October 2015

Talk to the objects in this near-future interactive urban experiment which encourages everyone to rediscover their local environment, share memories of their city and uncover the stories that others have left behind. Look out for the Hello Lamp Post signage across the city including the waterfront promenade around ArtScience Museum. Visit the Hello Lamp Post Info Point at the ArtScience Museum lobby to find out more.

See Hello Lamp Post at the FutureEverything website.

FutureEverything Singapore: Signals of Tomorrow Innovation Lab

2015年10月17日(土曜日)~18日(日曜日) | 午前10時~午後7時
ArtScienceギャラリー(4階)

土曜日から日曜日まで、ArtScienceミュージアムでは市民の皆さんに、自分のイメージするシンガポールについて、楽しくクリエイティブな対話をしてもらう参加型アートプロジェクトの初期プロトタイプを開催します。 これらのプロトタイプは、FutureEverythingシンガポールのSignals of Tomorrow Innovation Labが初期段階で成し遂げたものです。同ラボは、テクノロジーとスマート国家の未来を人々が心に描くようにするにはどうしたらよいかについて、創造力溢れる方法を考案することを目指しています。

詳細についてはこちら

FutureEverythingカンファレンス: Signals of Tomorrow

2015年10月17日(土曜日) | 午前10時15分~午後7時
Expression Gallery(4階)

スマート国家とは何か。そしてスマート市民になるということは何を意味するのか。 アーティスト、デザイナー、未来学者、市民のイノベーターは、都市、経済、インフラの織りなす世界に組み込まれていくテクノロジーとどのように接しているのか。 FutureEverythingコンファレンスでは、生活、仕事、遊びがテクノロジーによってどのように根本的な変貌を遂げたかを検証し、社会と文化におけるスマートテクノロジーの場でシンガポールの国民的な議論の活性化を図ります。 

講演者: ウスマン・ハク / ダン・ヒル / サラ・ワトソン / スコット・スミス / アンドレア・ナネッティ / シェリル・チャン / トン・イー / アレクサンドラ・デシャン・ソンシノ / アイーシャ・カンナ。

 

講演者のプロフィール: