MBSのギルトフリーなごちそうたち

ボリューム満点のお料理に加え、意識の高いグルメを大満足させる厳選されたお料理が人気のレストランをご紹介します。

Yardbird Southern Table & Bar

Yardbird Southern Table & Barというと、フライドチキンとワッフルを連想されるかもしれません。しかし、この伝統的なアメリカ料理レストランは、ヘルシーなお料理もたくさんご用意しています。

アサイーとグラノーラのフルーツボウル、ヨーグルトパフェのゴジベリー添え、グルテンフリーワッフルをはじめ、グリーンジャイアント(きゅうり、セロリ、りんご、ケール、蜂蜜の絶妙なブレンド)といったフレッシュジュースブレンドなど種類も豊富。すべて新しいグレートアメリカン ブランチメニューからお届けします。

「この新しいメニューは、ベイを往来するジョガーやサイクリストたちが、さっとテイクアウトするのにぴったりです」とエグゼクティブシェフのレオナルド・デルガードは言います。

Yardbird Southern Table & Barはザ・ショップス内、ガレリア階のB1-07およびL1-82にあります。

電話:(65)66889959(英語)

デイビッド・マイヤーズのADRIFT

カリフォルニア風居酒屋Adriftは、チーズバーガー春巻のキャビア添えのほか、チョコレートムース、柚子カード、ソイキャラメルアイスクリームでできたおしゃれなドラゴンエッグなど、斬新でリッチな自慢のお料理の数々をお届けしています。Adriftの冒険心はそこにとどまりません。ダイエット中の方もお楽しみいただける、「よりヘルシーな」お料理にもレパートリーを広げています。

自家製のリコッタチーズとセイヨウワサビを添えたスナップエンドウのバターミルクサラダ、そして酸味の効いたハイビスカスビネガーとスイートチリをたっぷりかけた柿とエンダイブのサラダは、当レストランの大人気メニューです。さらに、玄米とキノアを使用して糖質を抑えつつ独特の風味を活かした、トリュフ炒飯の卵黄とごま和えも絶賛を博しています。

「12月に新しいサラダセレクションを取り入れ、メニューを一新しました」とエグゼクティブシェフのウェイン・ブラウンは言います。「また私たちは、特別なお食事が必要なお客様にも、いつも柔軟に対応しています。当レストランのメニューは、ほとんどがグルテンフリーで、ベジタリアンメニューも豊富に取り揃えています」

デイビッド・マイヤーズのAdriftは、ホテルタワー2のホテルロビーにあります。

電話:(65)66885657(英語)

Black Tapクラフトバーガー&ビール

ニューヨーク発祥のBlack Tapは、グルメバーガーとそびえ立つミルクシェイクで一躍有名になったレストランです。次にこのレストランにお越しの際は、バーガーサラダをお試しください。絶品のハンバーガーの味わいはそのままに、炭水化物を控えています。

各バーガーで使われているものと同じ野菜で作るサラダは、パンを除き、多めのボリュームで供されます。「食事制限のあるお客様や、パンを省きたいお客様のためのメニューをお出ししたいと考えていました」とBlack Tapのオーナー、クリス・バリッシュは言います。

さらにBlack Tapでは、黒豆パティを使用したヴィーガンバーガーをはじめ、タヒーニ、グリークフェタチーズ、フムスを添えたファラフェルバーガーなど、ヴィーガンやベジタリアンに対応したメニューも取り揃えています。追加料金でグルテンフリーのパンに置き換えることも可能です。

Black Tapクラフトバーガー&ビールは、ザ・ショップス内、ベイ階のL1-80にあります。

電話:(65)66889957(英語)

ゴードン・ラムゼイのBread Street Kitchen

ゴードン・ラムゼイのBread Street Kitchen (BSK)では、乳製品不使用やグルテンフリー、ベジタリアン、ヴィーガンまでさまざまなお食事の好みに対応する4つのフルメニューをご用意しています。柔軟性を徹底するこのレストランでは、ほとんどのメニューが特別なリクエストに対応してアレンジ可能です。

当レストランでは、乳製品の代わりにエクストラバージンオリーブオイルを、小麦粉の代わりに米粉を使用しています。さらに特別素材の供給元にもこだわるBSKでは、今年、地元ベーカリーとのコラボレーションにより、卵、乳製品、グルテンを含まないパン製品の提供も開始しました。スープストック、ソース、付け合せは自家製です。

エグゼクティブシェフのサブリナ・スティルハートは、BSKが健康志向に向かうレストランのトレンドを意識していることを認めています。「特別な食事を必要とするお子様も増えています。私たちは、そのようなお子様がお食事を楽しめるように最大限の努力をしています」とスティルハートは言います。

ゴードン・ラムゼイのBread Street Kitchenは、ザ・ショップス内、ベイ階のL1-81にあります。

電話:(65)66885665(英語)

ギャラリー

ADRIFT
ADRIFT
ファラフェル バーガー サラダ
Black Tap
グルテン抜きのメニュー
Bread Street Kitchen
ADRIFT

トマトサラダ、ブラータチーズ、スモークチリオイル

Black Tap

ファラフェル バーガー サラダ

Bread Street Kitchen

グルテン抜きのメニュー