マリーナベイ・サンズのCHINOISERIE

ジャスティン・クエックのChinoiserie Modern Asian(シノワズリ モダン アジアン)

アジアのプレミアセレブリティシェフ、ジャスティン・クエックによる特別なファインダイニングレストラン。細部にまで贅を尽くした上質な内装のプライベートダイニングルームで、新しいレベルのチャイニーズファインダイニングを、ヨーロッパのファインダイニングレストランの優雅で独創的な技をもってご提供いたします。厳選された最上級の希少なワインやスピリッツ、人気の高いウィスキーの数々が、お食事をさらに完璧に演出します。お二人だけのプライベートなディナーや、一人ひとりのご要望にお応えする贅沢な特製メニューなど、さまざまなシチュエーションにご利用いただけます。アジア料理の最高峰を是非ご体験ください。
  • ギャラリー
  • メニュー
  • シェフの略歴
マリーナベイ・サンズのCHINOISERIE
マリーナベイ・サンズのCHINOISERIE
マリーナベイ・サンズのCHINOISERIE
マリーナベイ・サンズのセレブリティシェフ、ジャスティン・クエック

セレブリティシェフ ジャスティン・クエック

世界的に最も有名なアジア人シェフのひとり、ジャスティン・クエック。フレンチのファインダイニングを専門としながら、アジア料理にも造詣が深いということが彼の特長としてよく知られています。アジア出身であること、そしてヨーロッパで多くの経験を積んできたことから生み出されるジャスティンのフレンチ・アジア料理の代表として挙げられるのが、フォアグラ小籠包やロブスター福建麺などです。

アジア出身のトップシェフとして、ジャスティンはこれまで、数多くの政治家や有名人のために料理を作ってきました。中国の元国家主席・江沢民やマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツなど、その顔ぶれはそうそうたるものです。また、1993年から毎年、シンガポールの初代首相リー・クアン・ユーの誕生日のディナーを担当していることでもよく知られています。2010年、マリーナベイ・サンズ シンガポールが招聘した世界トップクラスのシェフの1人となったジャスティン・クエックは、ファインダイニング レストラン「Sky on 57」をオープンしました。

ジャスティンは現在、シンガポールの伝統料理を現代風にアレンジした料理を提供するオールデイダイナーのJustINのほか、アジア料理をさらにワンランク上へと引き上げるファインダイニングのコンセプトレストラン、Chinoiserieも経営しています。