Singapore River FerrySingapore River Ferry

のんびりリバークルーズ

海に囲まれ、豊かな水をたたえる島国、シンガポール。波に乗って街の主な見どころを巡ることは、シンガポール滞在中の楽しみのひとつです。



Clark Quay in Singapore - bumboats

まずは、シンガポールのダウンタウン地区にあるクラーク・キー発のリバークルーズに乗りましょう。水陸両用ボートに飛び乗れば、陸と川の両方からシンガポールの街を座ったまま散策することができます。

レトロな小舟に乗って、昔にタイムスリップするのもよいでしょう。親しみを込めて「バムボート」と呼ばれているこの小舟は、かつて国内の穀物や香辛料、絹、サテン織物を保管する倉庫群や埠頭に沿って、シンガポール川を行き来していました。現在、こうした地区は再開発され、今ではお洒落なオフィスやバー、レストランが集まる地区になっていますが、ペンキの色あせた看板や古びた街並み、軒下に連なる提灯、暖かいランプの灯、クリスマスのイルミネーションの中に、今でもシンガポールの豊かな歴史を季節ごとに垣間見ることができます。

Cavenagh Bridge in Singapore

水上からは、活気あふれるシンガポールの金融街の間にシンガポール最古のコロニアル建築群を一望することができます。船長と話がはずめば、1910年に警察署長がシンガポールのカベナ橋に掲げた注意書きが、なぜいまだに残っているのか、その理由がわかるかもしれません。

シンガポール・リバー・クルーズで最も重要な場所は、シンガポールを植民地として開発したスタンフォード・ラッフルズ卿の像でしょう。銅像が立つ場所は、1819年に、ラッフルズ卿が小さな漁村だったシンガポールに初めて上陸した場所と言われています。

Esplanade – Theatres By the Bay

クルーズ船は、川幅が比較的狭いところを抜け、エスプラネード・シアターズ・バイ・ザ・ベイを通り過ぎると、最も有名なシンガポールのシンボル、マーライオンがあるマリーナ・ベイに入ります。一部はライオン、一部は魚の形をしたこの不思議な生き物は、シンガポールの象徴的存在です。

夕べのクルーズに参加なさると、マリーナベイサンズのディスプレイと光のショー、ワンダー・フル (Wonder Full) を楽しむことができるでしょう。ワンダー・フルは毎晩、午後8時と10時に開演し、ベイフロント・プロムナードで楽しむたくさんの人を一方で間違いなくとらえていますが、川のおもてから見ますと、ユニークなアングルの思い出に残る写真を撮れますので、カメラご持参をお忘れなく!

Sampan Ride

シンガポールでは、中国式の小舟でマリーナ・ベイ・サンズ内を散策するユニークなインドア・クルーズも体験することができます。底が平らなこの小舟は、この地域で昔から使われていたもので、美しい装飾が施され、オールではなく船棹で漕ぐのが特徴的です。船頭が操る小舟は、ショップス内を流れる運河に沿って進み、レイン・オキュルスの滝を通りすぎます。

毎分22,000リットルの水が流れ落ちるレイン・オキュルスの滝は、マリーナ・ベイ・サンズのサステナビリティへの取り組みの象徴です。海に囲まれ水が豊富なシンガポール。歩くことなく散策するのに最適です。ぶらぶらと歩いて散策したくなったら、徒歩で簡単に回れる見どころも、シンガポールにはたくさんあります。

屋内、あるいはは屋外であっても、シンガポールの中と外を探索できるのに十分な水辺があります。- しかも一歩も歩かずに巡れるのは素晴らしいことです!