Kampong Glam in SingaporeKampong Glam in Singapore

カンポン・グラムの楽しみ方トップ5

マレーの史跡が保存されているカンポン・グラムは、シンガポールを代表する場所のひとつと言っても過言ではありません。最初の壁はここに作られたと言われています。「カンポン」はマレー語で「村」を意味し、「グラム」はゲラムツリーという木の名前からきています。この木は、アラブストリートやその周辺を散策していると、マレー・ヘリテージ・センターの前にある手入れの行き届いた庭園に植えられています。ここでは、カンポン・グラムの楽しみ方トップ5を紹介します。
Malay Heritage Centre

1. イスタナ・カンポン・グラム

カンポン・グラムは19世紀のマレー王族の住居地であり、イスタナ・カンポン・グラムはジョホールのスルタンの住居のために建てられました。アストン・カンポン・グラムはシンガポールを代表する英国建築として知られ、支配者であった英国と地元のマレー人代表者との交渉において、重要な役割を果たしていました。

今ではイスタナ・カンポン・グラムはマレー・ヘリテージセンターの本拠で、観光客にこの地域の過去を垣間見る場を提供しています。この保存状態の良い歴史的名所は、独立国家として50周年を迎える前夜である2015年に国定モニュメントのステータスを与えられました。

Persian Carpets

2. ペルシャ絨毯探し

他のアジアの地域や中東との貿易に携わっていた人々の子孫が今も多く住むこのエリアには、アフガン織やペルシャ絨毯、ラグ、マット、クッションなどを売る店が数多くあります。値切り交渉に成功すれば、本場のイラン絨毯が格安で手に入るかもしれません。

カンポン・グラムにいる商人の多くは仕入れたカーペットの原産国から迎えられたので、会話を始めると、標準的な百科事典では学べない興味深い文化的な事実を学べだり、この近辺おすすめ最高級の本格的中東レストランを聞き出すことができます。

Flat Bread Zataar

3. 美味しい食事を楽しむ

狭い路地や古びた建物の裏手には、ケバブ、フムス、ピタパン、フェタチーズ、ワインなどが味わえる場所があります。このエリアの古い建物の多くは修復され、当時のまま保存されています。大きなフロアクッションにもたれながら、貴族のようなしぐさで楽しく食事をしてみてはいかがでしょうか。レストランの数はかなり多く、中には有名なレストランもあるので、じっくりと探してみましょう。地元の人におすすめのレストランを教えてもらうのも良いでしょう。
Masjid Sultan Mosque

4. マスジット・サルタン・モスク見学

オマーンの首都マスカットから名付けられたマスカットストリートに位置するマスジッド・サルタン・モスクは、その光るドームとミナレット塔のインド・サラセン様式を反映したスタイルが目立ち、簡単に見つけられます。大礼拝ホールは一度に5000人の礼拝者を収容できる十分な広さがあります。

ジョホールのスルタンであったハッサン・シャーの支援を得て建てられたマスジット・サルタン・モスクは、イギリス東インド会社から資金を得て、1826年に完成しました。建物には少し手が加えられ、1990年代には別館も増築されましたが、当時のままの様子が今も残されています。

Jazz Band

5. 踊りに行こう!

このエリアは、地元の人や外国駐在員に人気の、シンガポールのトレンディなナイトスポットが多い地区です。アラブストリートの周りに集まる小さな通りにはゆったりとした雰囲気で有名で、十分に見栄えするカフェやバー、時折の音楽フェスティバルや、横町のストリートパーティーなど、毎日ライブ音楽を聴くことができます。

長年にわたってシンガポールで人気のあるミュージシャンやDJの中には、これらの場からスタートした人もいます。ご自分がミュージシャンの場合は是非知らせてみましょう。ステージで生演奏させられた後、その才能の報酬として、ドリンクの1杯や2杯をサービスしてもらえるかもしれません。何が起こるか分かりませんが、ぜひ試してみてください!