BookshelfBookshelf

シンガポールの本屋

観光スポットとしては魅力に欠ける本屋ですが、本好きの人が喜びそうな、行ってみる価値のあるすばらしい本屋がシンガポールにはたくさんあります。

Singapore Bookstore - a book

地元で成長を遂げたブックス・アクチュアリーのサクセス・ストーリーは、シンガポールの独立系書店のパイオニア的存在です。ブックス・アクチュアリーでは、珍しい本やアジア文学の他に、さまざまなビンテージのギフトや文具を扱っています。独自の出版部門もあり、地元の新進作家に作品を発表する場も提供しています。ブックス・アクチュアリーのオーナーは、ポリマス&クラフトという別の本屋も経営しています。

こちらは、心理学、映画、芸術、科学、旅行、フードなどの分野のノンフィクション作品だけを置いています。どちらのお店でも興味深いイベントを定期的に開催しており、その詳細は、お店のウェブサイトやソーシャルメディアのページで公開しています。

opened book

ダクストン・ヒルにあるリタード・ウィズ・ブックスも、本好きな人なら必ず喜ぶ本屋です。お洒落で趣のある店内にはくつろげる読書コーナーがあり、店内の至るところに店員のおすすめが紹介されています。

珍しい本や絶版の本を探すなら、店舗だけでなくオンラインストアも展開し、海外発送も可能なゴード・ブックスをチェックしてみましょう。

シンガポール最大の書店は、ニーアンシティにある日系チェーンの紀伊國屋書店です。この大型書店には、日本の書籍や雑誌、文具などの幅広い商品と約40万冊の書籍が揃っています。

シンガポールの本屋でのんびり過ごしながら、シンガポールの文化や歴史に関する本、地元の作家による短編集、手作りのノートなど、シンガポールだけにしかないお土産を探してみましょう。少し変わった嬉しくなるようなお土産があれば、シンガポールの思い出がより貴重なものとなるはずです!