Orchids in SingaporeOrchids in Singapore

ラン: シンガポールの国花

シンガポールのランの花たちを忘れることは出来ないでしょう。チャンギ空港にある大切に育てられたランや、ランに関するギフトやお土産に至るまで、この緑あふれる都市の至る所にランが存在します。この美しい花が、シンガポールの伝統にとってどのような意味を持つのかといったこと等を少しだけ学んでみると、あなたのシンガポール旅行はより有意義になると思います。

ラン科には様々な種類の花が含まれ、深いパープルから鮮やかなピンク、クリーミーホワイトや明るいイエローなど色の種類も豊富です。そしてこれはあまり知られていませんが、バニラの鞘はラン科の植物から取れます。シンガポールの国花はバンダ・ミス・ジョアキムとして知られるランの交配種させたものですが、アグネス・ヨアキムとして知られるアメリカ系シンガポール人女性にちなんで名付けられました。彼女は世界初のランの交配種である、この花を育てました。ジョアキムはバンダを1899年のフラワーショーに向けて育てました。彼女はそこで1等賞を獲得しましたが、受賞前に亡くなってしまいました。1981年に、バンダ・ミス・ジョアキムはシンガポールの国花に選ばれました。

 

もし、たくさんの美しいランや、バンダ・ミス・ジョアキムを見たいのであれば、シンガポール植物園の中にある国立蘭園へ行ってみて下さい。60,000以上の植物と、1,000種類と2,000以上の交配種を有する国立蘭園は、花好きにとってはパラダイスです。花に興味が無かった人でさえも、美しい花たちが大いに楽しませてくれます。ランの品種改良のセンターとしてのシンガポールの役割を表現するこの園は、伝統的なセクションを設けています。ジャッキーチェン、ジェーン・グドールやアンドレア・ボチェッリといった重要な歴史上人物や著名人にちなんで名づけられたランのハウスに身を置けば、熱帯高地の雲霧林の気候が体験でき、ユニークで美しいランの品種も見ることが出来ます。

ランに関するお土産はシンガポールの素晴らしさを持ち帰るための良い方法です。本物のランに金メッキを施したネックレスやイヤリング、ブローチなどを販売しているジュエリーブランドもあります。ランはアロマセラピーにも用いられます。軽く、甘く香るランのエッセンシャルオイルは、ギフトやお土産にぴったりです。

五感を満たすために、マリーナベイサンズのバンヤン・ツリー・スパで、有名なハーモニー・バンヤントリートメントを受けて下さい。2時間以上にわたり、2人のセラピストがあなたをケアします。ランにインスパイアされた施術や、セラピュイック・オーキッド・バスがあなたの肌を輝かせるでしょう。

スパでの施術の後で、満開の花の間を歩けば、印象的なシチュエーションでシンガポールの国花を体験出来るでしょう。あなたの滞在期間が一日であっても、一週間であっても、シンガポールがガーデン・シティであることが体感できます。