シンガポールの紙幣シンガポールの紙幣

シンガポールの請求書と料金について

シンガポール旅行を計画の際に必要予算を考えるとき、ホテル料金やレストランのメニュー、公共交通機関の料金の内訳がよく分からない場合はありませんか? そんなときのために、シンガポールの請求書や料金に関する便利なガイドをご用意しました。 
シンガポールドル硬貨

チップ

まず、チップの話から始めます。シンガポールではチップは義務ではなく、期待されてもいません。多くのレストランでは最終的な請求金額にサービス料を含めていますが、ホーカーセンターや一部の飲食店ではサービス料を廃止しています。とはいえ、少額のチップは一般的に歓迎され、レストランの優れたサービス、優れたヘアカット、特別に有益な情報を教えてくれたタクシー運転手などに対する感謝を示す良い方法です。チップの金額に迷う場合は、単純に料金の端数を切り上げるか、おつりを置いて行けばよいでしょう。 

シンガポールのビール

アルコールの料金と割引セール

シンガポールでは、「sin tax(悪行税)」によりアルコールは高価です。とはいえ、探す場所さえ知っていれば、比較的安価にアルコールを入手できます。シンガポールならではのものといえば、何といっても地元のコーヒーショップやホーカーセンター(屋台村)に置かれているタイガービール。たいていは輸入ビールよりはるかに安価です。ミニバーでは、夕方のハッピーアワーにはビールの割引料金や、カクテルやワインの二杯目無料などの割引セールをご利用いただけます。Marina Bay Sandsの火曜日の夜のソーシャルアワーなど、特定の曜日の夜にお得な割引を実施しているバーもあります。 

エビ麺

税金とサービス料

シンガポールのレストランのメニューには通常、サービス料とGST(物品・サービス税)を含まない料金が表示されています。レストランのサービス料は10%で、これに7%のGSTが加算されます。ホテルやレストランの料金に++や+++といった表記がされている場合もあります。++は、10%のサービス料と7%のGSTを示します。+++は、10%のサービス料と7%のGSTに加え、1%の税金が加算されます。「nett」と表記されている場合、税金やチャージは加算されず、請求書に記載された金額がメニューの料金となります。

クレジットカード

クレジットカードについて

シンガポールではクレジットカードが広く普及していますが、小規模な事業所用に手持ちの現金を用意しておくと無難です。クレジットカードでの支払いに対応しているショップやレストランでも、タクシーのように少額の追加料金を課している場合があるので、現金で支払った方がお得です。クレジットカードおよびデビットカードの海外での料金については、銀行やクレジットカード事業者に忘れずにご確認ください。加盟店によっては自国通貨で料金を支払うダイナミック・カレンシー・コンバージョンを利用できますが、事務手数料がかかります。カードによっては、旅行頻度の高いお客様のレートを優遇している場合があるので、これにもご注目ください。

携帯電話のテキスティング

携帯電話とSIMカード

一時的なモバイルまたはデータSIMカードを入手することにより、シンガポールで国際モバイルローミング料金がかからないようにすることができます。シンガポールでのプリペイドSIMの購入は簡単です。多くのスーパーマーケット、ガソリンスタンド、セブンイレブン、電話ショップ(シンガポールの3大電話会社Singtel、Starhub、M1のショップや代理店をお探しください)で購入できます。SIMカードのご購入にはパスポートの提示が必要です。また、電話機がシンガポールのGSM 900または1800の周波数で動作すること、および電話機のサービスプロバイダーによってロックされていないことを確認する必要があります。

シンガポールの料金や請求書に対する理解が深まって、この美しい島国でのご滞在がより充実したものになることは間違いありません。ちょっとしたひと手間で出費を節約し、その分で素敵なおみやげを購入したり、美味しい地元の料理を楽しむことができます。