Flags of Singapore and UKFlags of Singapore and UK

シングリッシュとは?

シンガポールの通りや観光地を歩いていると、周りの人の会話からシングリッシュが聞こえてくるかもしれません。シングリッシュとは、シンガポール人が日常的に使用している非公式な英語のことです。英語を崩したものとみなされているため、学校や公式の場では使用しないよう言われていますが、シングリッシュにはシンガポール人同士を強く結びつける力があることも否定できません。シンガポール滞在中にシングリッシュのフレーズをいくつか覚えておくと、地元に溶け込む際に役立つかもしれません。ここでは、シングリッシュのポイントをいくつかお教えします!
Singapore Taxi
シンガポール人が、文章の最後に「lah(ラー)」と言っているのを耳にしたことがあるはずです。この言葉は間投詞として付け足されているもので、「Cannot lah」、「Can lah,」、「Okay lah,」、「Let’s sit here for a while lah」のように使います。タクシー運転手から目的地までの行き方でどちらがよいかを尋ねられたときには、「Fastest way okay lah(一番早い行き方で)」と言ってみましょう。シングリッシュの練習になります!
Danger Keep Out in Four Languages
シングリッシュは、マレー語、中国語、タミル語というシンガポールの主要言語の影響を受けています。また、中国語の方言、主に福建語からきた言葉もあります。例えば「boh liao(ボーリァオ)」は福建語で「どうしようもない」を意味します。例えば、暇を持て余している(その分回りが仕事をカバーしなければならないような)同僚のことを「so boh liao」と表現します。
Singapore Flag Painted Tongue
よく使われる「boleh(ボレ)」と「Alamak(アラマッ)」は、マレー語からきた言葉です。後者はがっかりしていることを表す言葉で、「Alamak! I lost my wallet!(あらまあ!財布を失くしちゃった!)」という感じで使います。前者は訳すと「can」の意味で、可能を表します。例えば、ミーゴレンを注文するとき、「Mee goreng, less spicy boleh?(辛さ控えめにできますか?)」と言います。
Pocket Tissue
ランチの時間帯にシンガポールのフードコートに行くと、テーブルの上にポケットティッシュが置かれているのを見かけるかもしれません。これは典型的なシンガポール流の席の取り方で、テーブルを「chope(チョウプ)」(確保する)と言います。例えば、ポケットティッシュをテーブルの上に置いて席を確保したとき、シンガポール人の友人に「I already choped a table for us(席とっておいたよ)」と言います。
最後に、シンガポール人が大好きな言葉も忘れずに。それは、食べ物や食べることを意味する言葉「makan(マカン)」です。「makan already?(ご飯もう食べた)」とか、「what kind of makan do you like?(食べ物は何が好き?)」と尋ねるときに使います。シンガポールの休日を楽しむには、地元のmakan(食べ物)は欠かせない存在です。このガイドを使って、地元の食べ物やドリンク、デザートを忘れずにチェックしましょう!