マリーナベイ地区おすすめのジョギングルート

シンガポールにホリデーまたは出張でお越しの熱心なランナーの方は、市内のどこでいつものランニング習慣を続けられるか悩まれるかもしれません。幸いなことに、マリーナベイ サンズと CBD の周辺には素敵な景色とサウンドにあふれた、爽やかにジョギングを楽しめるトレイルがたくさんあります。
ジョギングルート

ルート1: マリーナベイ周辺ルート

マリーナベイのウォーターフロントもまた、シンガポールの象徴的なスカイラインを堪能しながらジョギングするのに最適の場所です。ヘリックスブリッジからマーライオン公園まで湾に沿って走れば、街並みをさまざまな角度から見ることができます。最高にモダンな高層ビル群、ドラマチックなコロニアル様式の建物、シンガポールならではの豊かな緑に誘われ、数メートルごとに足を止めてカメラを構えてしまうかもしれません !

ルート2: ガーデン・バイ・ザ・ベイ周辺ルート

自然を愛する方なら、早起きしてガーデンズバイザベイに直行しましょう。外側の庭園は入場無料で、露にぬれた緑の芝と閑静な小道は素晴らしい街の景観を眺めながらのリラックスした朝のジョギングにぴったり。ガーデンズバイザベイ自体も訪れる価値があります。持続可能なテクノロジーが実用に役立てられている様子を体験しましょう。
このほかのおすすめルート&アドバイス

シンガポールリバー周辺ルート

早めの時間に出発すれば、朝の混雑に煩わされずにシンガポール川をずっとさかのぼってジョギングすることもできます。物売り船が遠くに停留した船からスパイス、穀物、その他の商品を運び込んでいた時代をほうふつとさせる、カラフルなショップや倉庫が並ぶボートキーまで足を伸ばしませんか。さらに行くと、週末を楽しく過ごしたい人々が集うライブハウス、レストラン、バーなどが並ぶ賑やかな夜の娯楽スポット、クラークキーがあります。またその先には広いオープンスペース、閑静なレストラン、スタイリッシュなアパートが建ち並ぶロバートソンキーに行き当たります。さらに走り続ければ、川を見晴らす、木々に覆われた静かな通りに出ます。メインの通りまで出れば、そのまま運河に沿って進み、住宅街に入るか、U ターンして市街地に戻るか決められます。
Singapore river ferry

シンガポールでジョギングを楽しむ際に気をつける点

市内をジョギングするときは、以下のヒントを心に留めておきましょう。まず、シンガポールでは日が昇ると温度も湿度も非常に高くなります。暑気を避けるなら、早朝か夕方にジョギングしましょう。熱中症になりやすい人は、身体を締めつけない快適な服と帽子を着用しましょう。ジョギングの前後には水分をたっぷり補給してください。次に、市内の平日の朝は早い段階で多くの人で混雑しますので、快適にジョギングしたい方はラッシュ アワーのずっと前に出発するようにしましょう。最後に、夜、特に CBD 内の狭い裏道を走るときは、明るい色の服を着るようにしましょう。あとは、世界屈指のエキサイティングな街でのジョギングを存分にお楽しみください ! 
MBS charity run