マリーナベイ・サンズのレストランマリーナベイ・サンズのレストラン

LAVO

近日オープン

ニューヨークとラスベガスで人気のTAO GroupによるLAVOは、ファインダイニングと流行を取り入れたデイ&ナイトライフを融合します。フード ネットワークやトラベル チャンネルでも取り上げられるラルフ・スカマルデッラ シェフによる南イタリア料理の人気メニューは、オリジナルカクテルと幅広いワインリストによって完璧な美食体験を提供しています。バー、レストラン、屋内/屋外のラウンジがあるマリーナベイ・サンズのLAVOでは、シンガポールのスカイラインの素晴らしい眺めとともに、終日ダイニングをお楽しみいただけます。
  • シェフの略歴

シェフの略歴

マリーナベイ・サンズのLAVOのシェフ、ラルフ・スカマルデッラ

ラルフ・スカマルデッラ

世界で最も評判の高い多くのレストランのキッチンで30年近く経験を積んだシェフのスカマルデッラは、世界的に有名なレストランやナイトクラブを運営するTAO Groupで、レストランを監修するシェフ/パートナーを務めています。

スカマルデッラは、ニューヨーク市ブルックリンのイタリア系アメリカ人家庭で生まれ育ち、その家系から大きな影響を受けています。イタリア、ナポリの農家で育った父を持つ彼にとって、ニューヨークであっても、料理に新鮮な食材は欠かせないものでした。若き日のスカマルデッラが、懐かしいイタリア家庭料理を新たな洗練された次元へと昇華させるのに、時間はかかりませんでした。 

彼はシェフとしての幸運に恵まれ、いいタイミングで多くのレストランで修行する機会を得ています。ニューヨーク市工科大学でホテルとレストラン経営学を学ぶのと同時に、プラザホテルのフレンチレストラン、さらにはLe Cygneで料理スキルを磨きました。Polo Restaurantでは世界のマスターシェフの1人、スーシェフ兼メンターのダニエル・ボウルドのもとで料理の腕に磨きをかけていきます。 

スカマルデッラは、レストランVanessa’sのエグゼクティブシェフとしてニューヨーク・タイムズ紙から最初の2つ星評価を受け、早くから優秀なシェフとの呼び声を高めていきました。その後GanniやHoexters Marketなど、Vanessa’sレストランのオーナーが経営する他のレストランでも勤務。Carmine’sレストランのオープン時には、シェフおよびパートナーとして同店の理念を確立し大きな成功を収めました。15年近くにわたって複数のプロジェクトを成功させたのち、スカマルデッラは第一線のシェフを退き、The Strip House、Harrah’s Casino、Cesscaなどのレストランのコンサルタントを務めました。 

その後、彼はTAO Groupのシェフ/パートナーを務めています。スカマルデッラは現在、ニューヨーク、ラスベガス、ロサンゼルスでレストランを監修しています。