Seafood in SingaporeSeafood in Singapore

シンガポールのシーフード

実にさまざまなシーフードを食べることができるシンガポール。シーフード好きの人を退屈させることは決してありません。シンガポールに来たら、地元で人気の料理が食べに、美味しいシーフードレストランにぜひ足を運んでみてください。
Chili Crab Singapore

シンガポールで最も有名なシーフード料理と言えば、チリ・クラブペッパー・クラブです。2011年、チリ・クラブはCNNの世界で最も美味しいフード・トップ50の35位にランキングされました。チリ・クラブは、カニを強火で炒め、甘くてスパイシーなトマトベースのソースを絡めたもので、マントウ(柔らかくて少し甘い蒸しパンまたは揚げパン。余ったソースにつけて食べると最高です)と一緒に出されます。

チリ・クラブを食べるとひどいことになりますが、美味しいものを食べるためには仕方ありません。シーフード好きの人がシンガポールに来たら、ぜひ食べてほしい料理です。イースト・コースト・シーフード・センターにもぜひ行ってみてください。ジャンボ・シーフードやロング・ビーチ・シーフードなどの大手シーフードレストランチェーンがいくつか入っています。

 

Singapore Seafood Platter
この他にも、ノー・サインボード・シーフードのような、地元で人気のレストランがあります。ビーチでのアウトドア・ダイニングを体験するなら、イースト・コースト・ラグーン・フード・ビレッジへ。ここでは、ザルガイや海老の丸焼き、エイのサンバルソース風味、魚料理など、さまざまなシーフードを提供しています。また、シンガポールのホテルには、さまざまな魚介類が食べられるシーフードビュッフェが入っています。中でも、MBSのトーダイは、島一番の種類豊富さで定評のあるシーフードビュッフェです。ズワイガニの足や緑イ貝、カクテルシュリンプなど素晴らしい料理の数々を提供しています。
Singapore Seafood Sustainability

魚介類の乱獲や環境問題が心配な人は、WWFシンガポールンシのンガポール・シーフード・ガイドでチェックすることができます。ポケットサイズのガイドブックで、インターネットからダウンロード可能です。規制することが難しい、フカヒレなどのサメ加工品の購入に対するアドバイスについても、このガイドには書かれています。

持続可能なシーフードを使用しているマリーナ・ベイ・サンズでは、レストランやケータリングメニューに、フカヒレ料理はありません。MBSのイベントやレストランで出されるシーフードは、海洋管理協議会(MSC)か水産養殖管理協議会の認定を受けた信頼できる供給者から仕入れています。