Herbs and Spices of SingaporeHerbs and Spices of Singapore

シンガポールのハーブ&香辛料

シンガポールの歴史には、いつもハーブと香辛料がつきものでした。インドネシアの島々とヨーロッパ・アメリカとの香辛料貿易の重要な航路にある、主な港湾都市であったシンガポール。シンガポール料理には、アジア各地から集められた香りの良いハーブや香辛料がふんだんに使われています。シンガポールには、楽しみながらハーブや香辛料のことをもっと知ることができる場所がたくさんあります。ぜひ、探してみてください。
ナツメグ - Herbs and Spices of Singapore

ナツメグ

高級品を扱うショッピングモールとナツメグ農園に共通するものは何でしょうか?答えはオーチャード・ロードです。デザイナーのブティックやハイストリート・ファッションの通りとなる以前、オーチャード・ロードにはナツメグ農園が広がっていました。1830年頃から、果樹と共にナツメグがこの地域で栽培され始め、オーチャード・ロードの名前の由来にもなっています。オーチャード・ロードとパターソン・ロードの角にあるアイオン・オーチャードの前にあるナツメグとメイスのオブジェが、この地域の歴史を彷彿とさせます。ナツメグ独特の味は、マッサマン・カレーなどのタイ料理で体験できます。ナツメグには治癒力があると言われており、中国伝統医学では胃腸疾患の治療に使用されています。
Laksa Leaf - Herbs and Spices of Singapore

ラクサリーフ

ベトナムコリアンダーとしても知られているラクサリーフは、植物名をペルシカリア・オドラタと言います。東南アジアの料理やシンガポール、マレーシア料理では、ラクサと呼ばれる料理の材料に使われる香りの強いハーブです。ペラナカンを発祥とするこのスパイシーなスープ麺は、香りの良いココナッツミルクベースのカレースープで、野菜、肉、豆腐、シーフードなどが入っており、地域によっていくつかバリエーションがあります。フォート・カニングのスパイス・ガーデンに行って、ペルシカリア・オドラタ リーフの芳香をぜひかいでみてください。ラクサを思い出すはずです!
生姜 - Herbs and Spices of Singapore

生姜

生姜は、さまざまなアジア料理で使われています。インド料理に欠かせないもので、中華料理では、薬味として生のままや醤油漬けで出されます。また、マレー料理では、麺やカレーの中にすりおろして加えます。シンガポールでは、テハリア というジンジャーティーに生姜が使われています。生姜には治癒力があると広く信じられており、軽度の疾患に対して、カップ1杯のホットテハリアが処方されることもよくあります。伝統医学にはまっている人も、そうでない人も、熱帯特有の雷雨や荒れ模様の天気のときには、ホットテハリアを飲んで過ごすのが一番!生姜をメインにしたシンガポール植物園内のレストラン「ハリア」をぜひチェックしてみてください。
ハーブについてもっと知るために、マリーナ・ベイ・サンズ内のレストラン「ライズ」の隣にあるハーブガーデンを散歩してみてはいかがでしょうか。フレッシュなハーブの香りの世界に浸った後は、お隣のレストラン「ライズ」へ行きましょう。ハーブガーデンで摘み取ったばかりの新鮮なハーブを使った絶品料理をお楽しみください!