中華料理ガイド中華料理ガイド

中華料理ガイド

中国人の人口が大多数を占めているシンガポールでは、一流レストランの多くが、中国各地の中華料理にヒントを得た美味しい料理を提供しています。裏通りの小さな食堂から華やかな高級レストランまで、シンガポールの中華料理は実にさまざまです。どこに行けばどんな中華料理を食べることができるのか、このガイドを活用して、シンガポールの中華料理をチェックしてみてください!

バクテーの屋台の前で地元の人達が行列しているのを見かけたら、一緒に並んでみるとよいかもしれません。バクテーは、豚肉のスペアリブを使ったスープで、ご飯や麺と一緒に出されるのが一般的です。味わい深い香りのするこのスープには、何種類もの香辛料やハーブが使われています。シンガポール人の多くはバクテーが大好き。シンガポールで最高のバクテーを出す店の情報を、喜んで教えてくれることでししょう。長時間並ぶだけの価値はある、とみんな言うはずです!

中華料理と言えば麺類。ラーミェン(手打ちの長い麺)、バンミェン(手作りの平打ち麺)、ミーフン(ビーフン麺)、ユーメン(細麺)など様々な麺料理があり、どれもスープ、野菜、肉、シーフードなどさまざまなバリエーションがあります。人気のチェーン店クリスタル・ジェイドは、様々な麺料理を食べることができるので、中華麺食べ歩きのスタート地点としておすすめです。

元気が出る究極の中華料理を食べたいなら、ビープン入り魚のスープはいかがでしょうか。揚げた魚の頭とビーフン麺が入った、クリーミーで栄養たっぷりのスープです。地元の人が雨の日のランチにおすすめする料理です!もう少し冒険したい人は、豚の内臓を使ったスープにぜひ挑戦してみてください。豚のさまざまな部位の内臓が入ったスープで、スパイシーなチリソースと一緒に食べます。

いつでも楽しめる美味しい軽食と言えば、潮州をルーツとするポーピアです。シーフードやレタス、煮込んだカブなどのさまざまな具材を巻いた生春巻きです。

最後に、チャイニーズ・ニュー・イヤーの時期とシンガポールの滞在が重なったら、イューシェンをぜひ食べてみてください。チャイニーズ・ニュー・イヤーのお祝いに欠かせないサラダで、魚の刺身と様々な具材が入っています。具材には、それぞれ象徴的な意味があります(健康、繁栄、幸運、成功など)。「イューシェン」という言葉自体は、「生の魚」という意味ですが、「豊かさ」を意味する同音異義語があることから、特別な意味のある料理とされています。食べる人全員で、サラダを上に積み上げるようにしながら混ぜていきます。一番高く積み上げた人が、より多くの幸運に恵まれると言われています!

中華料理を最も手軽に楽しむ方法のひとつが点心。いろいろな小皿料理をみんなで取り分けて食べるところは、スペイン料理のタパスに似ています。甘めの料理は、お茶と一緒に出されるのが一般的です。この独特の食べ方の詳細については「点心ガイド」をご覧ください。

 

With a majority population of Chinese here in sunny Singapore, it’s no wonder that the island has a plethora of Chinese restaurants serving delectable food from every dialect group. From hole-in-the-wall eateries to atas fine dining, Chinese food in Singapore is as varied as it is memorable. Check out this guide to Chinese cuisine in Singapore for what to expect and most importantly: where to get it!

If you see a snaking queue of locals outside a stall that serves bak kut teh, you might want to join them. Bak kut teh is a pork rib soup usually served with rice or noodles. The fragrant broth is a multi-layered blend of spices and herbs, and many Singaporeans will tell you that the long waits are worth it! For a robust, peppery soup that will pekr you right up, give Ng Ah Sio Bak Kut Teh a go - right here at Rasapura Masters.

Noodles are, of course, a staple of Chinese cuisine. You may see variations of noodles: la mian (handcrafted long noodles), ban mian (flat handmade noodles), mee hoon (rice vermicelli noodles) and you mian (thin noodles), all of which are served in various iterations that include soups, vegetables, meat and seafood.

In the market for something lighter? A popular choice of local snack to be enjoyed any time of the day is popiah, a dish with Teochew origins. This fresh roll is stuffed with seafood, lettuce and stewed turnip (among other ingredients) and is generally served in succulent slices at your local coffee shop. These slices fall apart in your mouth in an explosion of flavour and textures that will leave you wanting more.

For the ultimate Chinese comfort food, look no further than fish soup bee hoon, where pieces of fried fish head and oodles of rice vermicelli are served in a creamy, hearty soup — locals will tell you that it’s a great way to spend a rainy lunch hour in Singapore! And if you want to be a little more adventurous, try pig’s organ soup, which combines a variety of pig offal in a broth, served with a spicy chilli sauce.

Yusheng salad is an interesting one. It's a major part of Chinese New Year celebrations and consists of raw fish and other ingredients, each with a symbolic meaning (for example, health, prosperity, or luck). The word yusheng itself means raw fish, but is a homophone of ‘abundance’. The salad is tossed by all the diners at the table with chopsticks, and it’s said that the higher you toss it, the better your luck! Hint: Din Tai Fung serves up a great rendition of yusheng that's relatively easy on the wallet to boot.

Finally, one of the most accessible ways to enjoy Chinese cuisine is through dim sum, which is a collection of small dishes to be shared - very similar to Spanish tapas. These sweet and savoury dishes are normally served with tea. Check out our dim sum guide to learn more about this unique way to eat!