Beer and WineBeer and Wine

ビール&ワイン好きのためのシンガポール

飲酒文化よりも食文化の方が華やかなシンガポール。かといって、この陽光ふりそそぐ島の中を、酒を求めてさまよい歩く必要はありません。シンガポールには数多くのワインバーや地ビールの飲める店があり、ビールやワインを堪能するためのコースもあちこちで開催されています。ビールやワインを楽しみながら夜を過ごす場所がない、と嘆くことは決してありません。
Beer and Wine Lovers' Guide, Foodie Guide, Marina Bay Sands
シンガポールのビール業界を先導しているのは、レッド・ドットやザ・パンプ・ルーム、パウラナー・ブロイハウス、ブリューワークスといった国産地ビールのチェーン店です。他では味わえない独自の味を追求し、とてもフレッシュな手作りビールを製造しています。大手チェーンではありませんが、美味しいビールを手作りしている小規模な地ビールの店もいくつかあります。熱帯の暑い夜に、美味しいローカルフードや多国籍料理を食べながら、フレッシュなビールを飲み比べて過ごすなんて最高です。シンガポールに来たらぜひ、シンガポールの地ビールをチェックしてみてください。
Picnic Basket and Wine
ワインを製造していないシンガポールですが、世界中からワインを輸入しており、世界中の主要産地のワインはもちろんのこと、無名のワインも見つけることができます。ワイン・コネクションのようなチェーン店では、美味しいワインを手頃な価格で購入することができます。また、ワインバーでは、チーズやフィンガーフード、タパスをお供に、さまざまなワインを楽しむことができます。ビールやワインを深めたいという人は、ビールやワインの試飲や教室を提供している専門の団体がいくつかあります。地ビールの飲み比べから数週間に及ぶ本格的なワイン教室まで、希望に合わせて選ぶことができます。
シンガポールのビール・ワイン業界に対する最大の貢献といえば、なんといってもタイガービール。1932年の発売開始以来、世界中で飲まれています。かすかな甘味のするフレッシュなこのラガービールは、スパイシーなシンガポールの屋台料理にぴったり。バーや屋台が立ち並ぶホーカーセンターで必ず目にするビールです。その製造工程を知るなら、タイガービール工場見学がおすすめです。ビールの試飲はもちろんのこと、醸造工程や醸造、タイガービールの面白雑学も教えてくれます。例えば、有名な広告キャッチフレーズの「Time for a Tiger」は、アンソニー・バージェスの同名小説からヒントを得て生まれました。
今度シンガポールの名物料理を楽しむときには、ワインやフレッシュなビールに注目してみてはいかがでしょうか!