宇宙と芸術展 -宇宙を通した芸術の旅

 

「宇宙と芸術展」は、宇宙を通して「私たちはどこから来てどこへ向かうのか」を探るアートの旅です。

本展では、東西の哲学者、古代と現代の美術、科学と宗教がそれぞれ星座のようなつながりをもっていたことを垣間見ることができます。宇宙はいつの時代も身近でありながらも人類を魅了する存在であったと実感できるでしょう。

古代より、人々の夢や神話、芸術の対象でもあった宇宙は、数千年もの間世界中の人々によって研究されてきました。本展では120をこえる芸術作品、科学的資料や写本を中心に、人類が何世紀にも渡ってかたちづくってきた宇宙観を紹介します。

始めに、仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教に関連した神聖な宗教作品を紹介します。次に、シンガポールでは初めての展示となるルネッサンスの著名な天文学者ガリレオ、ケプラー、ニュートン、コペルニクスによる貴重な資料を展示します。さらに、ビョーン・ダーレム、森 万里子、ピエール・ユイグ、アンドレアス・グルスキー、ヴォルフガング・ティルマンス、杉本 博司、その他現代アーティストによる新しい宇宙観を表現した作品を紹介します。展覧会の最後では、宇宙空間のために考案された作品から、アートと文化が宇宙探索に特異な影響を与えてきたことを考察します。

本展は、人類の長年にわたる宇宙への憧れとその探求の歴史を取り上げるものです。いつの時代も、宇宙は宗教においては崇拝の対象であり、芸術と文学においてはインスピレーションの源であり、科学においても画期的な発見のもととなり続けているのです。

(各リンクをクリックして詳細をチェック)
 

『竹取物語絵巻』(第三巻)(ハイド本)
江戸時代前期(17世紀)
巻子
國學院大學図書館蔵、東京  


ブラックホール(M-領域)
ビョーン・ダーレム | 2016年
木、スティール、蛍光灯、電球、塗料
Courtesy: Guido W. Baudach Gallery, Berlin and Hiromi Yoshii Gallery, Tokyo

展示風景:「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」森美術館、東京、2016年
撮影:  木奥恵三
写真提供:  森美術館  


石炭紀
杉本博司 | 1992年
ゼラチンシルバープリント
1992年
ギャラリー小柳蔵
 

‘Moon’ score: ISS Commander - Listening to it on Mars, now.
野村 仁 | 2009年(写真)、2013年(楽譜)、2009-2013年(CD)
写真、楽譜、CD
森美術館蔵
JAXA宇宙環境利用センター制作協力
撮影:  Toyonaga Seiji
写真提供:  アートコートギャラリー


パートナーシップのご紹介
 
森美術館とアートサイエンスミュージアムは、アジア文明博物館の協力のもと、「宇宙と芸術展」を共催します。

 


森美術館

東京のランドマーク、六本木ヒルズ森タワー最上層に位置する森美術館は、世界のあらゆるアートを紹介する、アジアを代表する現代美術館です。2003年10月の設立当初から「現代性」」と「国際性」を理念とし、独自の活動を展開してきました。国際的な視座で、アートや建築、デザインなどさまざまな展覧会やラーニングプログラムを実施し、現代アートの普及に努めています。「アート&ライフ」をモットーに掲げ、生活の中のあらゆる場面でアートを楽しむことができる豊かな社会の実現を目指します。

詳しい情報はこちらをご覧ください。www.mori.art.museum/