他者との遭遇

進化し続ける最先端テクノロジーは、家族や友人、同僚、さらにはペットなど、「他者」との関わり方を変えつつあります。デバイスを通じて私たちが対話しているのは生命体、人工物、それともその2つの組み合わせでしょうか? 「他者との遭遇」では、テクノロジーの進歩・発達による社会的関係性の変化をテーマとしています。

参加アーティスト: ルイ=フィリップ・デマーズ、アディ・ワーゲンネヒト、ハイディ・クマオ、イブ・ジェリ、ツァオ・フェイ、S.W.A.M.P、アレクサンダー・プロコポヴィチ、南洋理工学院School of Interactive and Digital Media、To Be Another Lab、および東南アジア ハッカソンのプロジェクト。 
 

Area V5 (2009年~2010年)

Area V5 (2009年~2010年)
ルイ=フィリップ・デマーズ

シンガポールを拠点に活躍するルイ=フィリップ・デマーズの「Area V5」は、移動する来訪者の動きを追う一対の眼が組み込まれたロボットの顔面が壁に埋め込まれた作品です。ソーシャルロボティクスとAI (人工知能)の分野における最新研究では、眼の動きが言葉を用いない対話において大きな役割を果たすことが示唆されています。切り取られた顔面からの不気味な視線が来訪者を追いかけるこのインスタレーションでは、人がロボットに対して不安を感じる理由を探る疑似科学的論理「不気味の谷現象」を呼び起こします。作品のタイトルは、動きを認識する際に主要な役割を果たすと考えられている大脳皮質の視覚野、V5から取られています。
Optimization of Parenting

Optimization of Parenting, Part 2 (2012年)
アディ・ワーゲンネヒト


「Optimization of Parenting, Part 2」は、乳児が起きたり泣いたりすると揺りかごを優しく揺らすロボットアームです。母親でもあるアーティストのアディ・ワーゲンネヒトは、自身の創作作業と母性のバランスをイメージしながら、この作品を造りました。母親には社会的にフルタイムの親であることが求められていますが、その理由は選択肢がないこと、子育ての費用、または家族のサポートの欠如であることがあります。結果として、母親となった女性アーティストは、それまでの人生で培ってきた創造的作業を諦めることがあります。

幼児の成長に悪影響を与えることなく自動的な繰り返しの作業をロボテックデバイスに行わせることはできないのでしょうか。掃除機から冷蔵庫まで、家事を容易にするテクノロジーは多く存在しますが、母親の役割は依然として神聖なるものと見なされています。これまで親がやってきたことをロボットに任せようというアイデアは、仕事と生活のバランスを取ろうとする母親が抱える問題を大胆に問いかけるものです。

Human Version

Human Version (2007年~2017年)
イブ・ジェリ

この写真は有名なフランス人アーティストのイブ・ジェリが、ロボットにとって自然な環境でヒューマノイドロボットのポートレートを描いた作品です。この作品は、世界クラスの研究所のリアリティをとらえ、ヒューマノイドロボットの研究の発展に関する詳細な洞察を示しています。. ジェリのコンセプトは、ロボットの創世記、ロボット創造の現場、ロボットの物理的外観の進化、そしてロボットに生命を吹き込む工具と材料にフォーカスすることでした。一連の作品は、世界各地の研究所の違いをとらえ、ロボット製作のモチベーションと将来の日常生活におけるロボットの役割について思索する機会を与えるものです。
ツァオ・フェイ、WHOSE UTOPIA

Whose Utopia? 2006年
ツァオ・フェイ


ツァオ・フェイは中国広州出身のマルチメディアアーティストです。この三部構成のビデオは、中国の仏山市にあるオスラムの電球工場での6ヶ月にわたるアーティストインレジデンスの成果です。このレジデンスの期間、工場に寝泊まりしたツァオ・フェイは、工場の労働者とワークショップを開きました。労働者の多くは中国内部から出稼ぎに来た若い人々で、ツァオ・フェイは彼らの夢と理想を尋ねました。彼らの回答は、人々の夢と理想と工場労働者としての現実との無慈悲なコントラストを示す「Whose Utopia?」(誰の理想郷?)という作品として描かれました。 

大衆の中の人々の願いと夢にフォーカスした「Whose Utopia?」は、人間の精神の創造性と耐性を讃える一方で、経済発展と効率性の先に求められているもの、つまり人間の知性を備えたマシンと、マシンのように機能する人間について疑問を呈しています。