拡張され、増補される能力

身体機能を拡張する義肢学から思考方法を変える医療行為まで、「拡張され、増補される能力」のセクションでは、現代社会においてサイバネティック、「サイボーグである」ことの意味を探索します。

当セクションには、オーストラリア出身のパフォーマンスアーティストのステラークや、世界で初めてサイボーグとして認められたニール・ハービソンの作品、また、エイミー・マリンズやクリス・ウォーケンなどの多彩なアーティストの作品も展示されています。

 

Sonochromatic Head and Seismic Arm

Seismic Arm and Sonochromatic Head(2015年)
サイボーグ・アート、ニール・ハービソンとムーン・リーバス

サイボーグ・ファンデーションは、ニール・ハービソンとムーン・リーバスが共同で設立した団体です。 ハービソンは頭骨にアンテナを埋め込んだことで広く知られています。ハービソンは英国政府から正式にサイボーグとして認められており、頭骨に埋め込んだアンテナを使って色彩を音波として認識します。コラボレーターのムーン・リーバスは、多岐にわたる方法で動きを認識する多様な人工頭脳デバイスでの実験を行っているコンテンポラリーな振付師です。この2人のアーティストはもはや創作の手段としてテクノロジーを使用していません。彼らにとってテクノロジーは、感覚と知覚機能の延長として身体の一部となっています。等身大のサイバネティックス彫刻には、彫刻をリアルタイムの特定のデータ、そしてアーティストの身体と頭脳に接続するセンサーが搭載されています。
Aimee Mullins Cheetah Legs

Aimee Mullins Cheetah Legs, 2001
Howard Schatz Beverly Ornstein

Aimee Mullins first received worldwide media attention as an athlete. Born without fibulae in both legs, at 2 year old, she had learned to walk on prosthetic legs, and spent her childhood doing the usual athletic activities of her peers. She competed in the 1996 Paralympic Games in Atlanta with woven carbon-fiber prostheses that were modeled after the hind legs of a cheetah, sparking a media debate about the radical design of her prototype sprinting legs. Mullins later made her runway debut as a model in London at the invitation of fashion designer Alexander McQueen and has been influential in changing perceptions of people with varying abilities.