Van Cleef展Van Cleef展

エキシビション

「Van Cleef & Arpels、宝石のアートとサイエンス」展では、鉱物学のサイエンスと、最高のジュエリーや宝石作りのアートの相互関係を探ります。 

Van Cleef & Arpelsコレクションから厳選された450点を超えるジュエリーを7つのテーマ (クチュール、抽象的概念、影響、貴重な品、自然、バレリーナとフェアリー、アイコン)に沿って展示し、メゾンの美しく独創的なクラフトマンシップを紹介します。

Van Cleef & Arpelsの作品のほか、フランス国立自然史博物館の有名なコレクションから取り寄せた250点以上の宝石や鉱石も公開します。また、貴石の形成に不可欠な7大原理(圧力、温度、移動、水、酸素、生命、変成作用)についても展示されます。

「Van Cleef & Arpels、宝石のアートとサイエンス」展は、鉱石の産地から、宝石を芸術の形に変える卓越したクラフトマンシップまで、宝石がたどる旅にご案内します。

 

Van Cleef & Arpelsについて

Van Cleef & Arpelsは1906年、パリのヴァンドーム広場22番地で創業。数十年の時を経て、ハイジュエリーメゾンとして全世界で名声を確立しました。Alhambra®モチーフ、ジップネックレス、Mystery Set™技法など、メゾンを象徴するシンボル、感情に訴える特別な宝石を厳選したPierres de Caractère™、Mains d’Or™(マンドール、黄金の手)と呼ばれるVan Cleef & Arpelsの工房の職人の技術により、魅力的なジュエリーと時計制作のコレクションを生み出しています。

1906年以来、Van Cleef & Arpelsは、最高峰のクラフトマンシップと優れた洗練の技術を注ぎ込み、ハイジュエリーやジュエリー、タイムピースのコレクションに時を越えた調和と美の世界を表現してきました。

 

フランス国立自然史博物館について

フランス国立自然史博物館は、1626年にフランス国王ルイ13世が創設。地球の貴重な資源や、人間活動が地質や生物の多様性に与える影響について調査している世界有数の機関です。今もなお世界有数の豊富なコレクションを誇り、6,000万点以上の標本を保有。自然とそのメカニズムについて革新的な方法で理解を促すことを目的とした素晴らしい研究環境となっています。特に鉱石と宝石のコレクションは、自然界の美しさと、それをインスピレーションの源とするアーティストの独創性を反映しています。

 

Patrick Gries © Van Cleef & Arpels. アールデコブレスレット、1925年。プラチナ、ダイヤモンド。
Patrick Gries © Van Cleef & Arpels. スペインのバレリーナのクリップ、1941年。プラチナ、ゴールド、ルビー、エメラルド、ダイヤモンド。
Patrick Gries © Van Cleef & Arpels. ピヴォワンヌクリップ、1937年。プラチナ、ゴールド、ミステリーセッティングのルビー、ダイヤモンド。
Patrick Gries © Van Cleef & Arpels. パスパルトゥージュエル、1939年。ゴールド、サファイア、ルビー、ダイヤモンド。
Patrick Gries © Van Cleef & Arpels. ブレスレットへと形を変えるジップネックレス、1954年。プラチナ、ゴールド、ルビー、ダイヤモンド。