シンガポールの物語 テーマ - スポーツシンガポールの物語 テーマ - スポーツ

スポーツ

スポーツを通じた結び付き

シンガポールでは真剣にスポーツに取り組んでいます。

新しい最先端のスポーツセンターの建設から、その施設をより市民に利用しやすくする仕組みまで、一致協力してスポーツをコミュニティの中心に維持する取り組みを進めています。

1800年代より個人が集まってスポーツチームやスポーツクラブを作ってきました。 コミュニティセンターも、市民のためのスポーツ行事を運営してきました。  しかし、スポーツは単に健康な社会を育成し、人々のリクリエーションの場を提供するというだけではありません。  スポーツは世界の舞台における自国の代表選手の勝利や失望を通じて、シンガポールとしての一体感やプライドを呼び起こします。

シンガポールは、フォーミュラ1、東南アジア競技大会、ワールドラグビーセブンズシリーズなどの大会を主催することにより、世界の中でスポーツ先進国としての地位を占めています。

少しでも良く見えるようにとフェンスに上るサッカーファン