シンガポールの物語 - 故郷の現在と過去シンガポールの物語 - 故郷の現在と過去

故郷

帰属意識を高める

シンガポールとそれを故郷と呼ぶ人々との関係は単なる地理的な事実にとどまらず、そこには生まれた場所、住所、電話の局番という以上の結び付きがあります。

移民の植民地から国家へと移行する過程で、シンガポールとその住民は、平等と全員のための進歩という価値に対し、共に忠誠を尽くすことにより結び付けられてきました。 この精神は、住宅、教育、交通、防衛、医療、環境という6つの重要な分野において、協力して社会を形成しようというモチベーションを人々に与えました。

今日、シンガポールは世界で最も住みやすい場所の1つであり、持ち家率は世界最高、教育システムは最高水準の評価を受けています。 このような成果が、特徴ある日々の生活と相まって、人々の心の琴線をシンガポールに結び付け、知性あふれる持続可能な未来の祖国を築こうという気持ちの原動力になっています。

 

シンガポールの物語 - 昔の新聞
シンガポールの物語 - 真鍮のトークンを渡す用意をするKTM鉄道の駅長
DE-Recruitment