ビッグバンデータ : 展示のテーマ

人類にとってのデータの意味

人口の 82% がインターネットを利用し、67% がソーシャルメディアを積極的に活用しているシンガポールのような都市国家では、世界のデータ化の影響が実際に存在しています。シンガポールが世界初の「スマート国家」への道を邁進する中で、このようなつながりはこれからも受け入れられ、より強化されていくでしょう。

スマート国家のビジョンには、市民の生活向上た機会の創出、コミュニティ強化のためのデータとデジタルテクノロジーの活用などが含まれています。このビジョンの達成にはテクノロジーはもちろん不可欠ですが、ビジョンの中心はあくまでも国民であり、テクノロジーそのものではありません。

スマート国家の成功の大部分が国民の参加に左右されるとしたら、この構想に対し、国民はどのよう感じるでしょうか。「ビッグバンデータ」展のまとめとして、このセクションではシンガポールとその国民に対し、私たちにとってデータが何を意味するのか、問いかけます。