ビッグバンデータ: 展示のテーマ

データではわからないこと

データを中心とした意思決定や解釈は多くの可能性を開く一方で、多くのリスクをもたらす要因にもなります。「データ中心主義」は、あらゆる問題の答えはデータの中にある、という考え方を推し進めるものですが、数字は真実の全貌を必ずしも明らかにするものではなく、逆に特定のストーリーを意図的に作り上げるために操作されたり、歪められたりしやすいものでもあります。データだけに着目し過ぎると、社会の反映というものは人間的な交渉や議論といった、より無秩序なメカニズムを通じて図られる、という事実さえ無視されてしまう危険があります。データは、現代社会をより良く理解するための新しく新しい方法として確かに重要ですが、扱う者の主観や解釈によって操作されやすいものであることも、十分念頭においておく必要があるのです。

このセクションでは、データの取得や分析、その解釈を専門としている国際的なデータスペシャリストやアーティストたちから、データの限界について話を聞きます。