ビッグバンデータ : 展示のテーマ

知識の新世代

19 世紀半ばに始まった近代統計学は、さまざまな異なる社会、科学、経済現象を説明できる学問分野とされていたため、現実の定量的評価と、我々が世界を物語として理解する必要性とのギャップを埋める言語が必要になりました。

科学やデザインの分野では、数字をイメージに変換する行為には、19 世紀の図形的地図から最近のデータ可視化に至るまで、すでに長い伝統があります。20 世紀後半には、さまざまな分野のアーティストが情報美学を生み出し始め、データは表現や主観的探求の手段となりました。 

世界中にあふれる何百万ものセンサーと新しく生み出された情報美学のおかげで大量の情報の生成が容易になり、今日の知識分野に大きな変化をもたらしています。データ科学の方法論によって、さまざまな学問分野で新しい道が開かれ、新しい職業プロフィールにつながる専門分野が生まれています。

このセクションに展示されている作品群は、最も初期の歴史地図のデータ可視化から、リアルタイムデータのコンテンポラリーアートインスタレーションまで多岐に渡り、データ表現の奥深さと多様性、データによって人と人とのコミュニケーション方法や世界を認識する方法がどう変わっているかを示しています。

アーロン・コブリン「Flight Patterns」 画像著作権: ©GUNNAR KNECHTEL