カクテルと料理のペアリング

カクテルと料理のペアリングは簡単ではありませんが、本物の味を知るお客様の舌を満足させる革新的なペアリングをご紹介します。 これらの味の組み合わせが魔法のような効果をもたらす理由を知り、その法則に従って自分なりの完璧なペアリングを見つけましょう!

Flight Bar & Loungeのブルースカイマルガリータと鴨のコンフィのケサディーヤ

おすすめの組み合わせ

ブルースカイマルガリータ - レポサドテキーラにプレミアムキュラソーブレンド、フレッシュライム、塩を加えた、ブルージンジャーの鮮やかなアクセントが効いたカクテル。

鴨のコンフィのケサディーヤ - エスニック料理を代表する2つのメニュー、フランスの鴨のコンフィとメキシコのケサディーヤを組み合わせ、チリ海鮮醤ソースでマリネしてアジア風にアレンジ。

ペアリング

ケサディーヤとマルガリータの組み合わせは普通すぎると思われるかもしれませんが、料理のスパイシーなアジア風テイストがカクテルの風味を引き立てる効果には驚かれることでしょう。 甘みと旨みのハーモニーが食欲をそそり、舌を満足させる味わいを爽快に引き立てます。

効果の理由

マルガリータにはよくメキシコ料理を合わせますが、その理由は、マルガリータの爽やかなシトラス風味がスパイシーな料理ととてもよく合うためです。 このペアリングでは、クラシックなベースにオリエンタルなアクセントを大胆に加えています。鴨のコンフィのケサディーヤにはチリ海鮮醤を使い、ブルースカイマルガリータは、伝統的なマルガリータにジンジャーの刺激を加えて、ライムと塩の味を引き立てています。 

Osteria MozzaのAmaro Barのスクラッチオーネカクテルとリコッタのカナッペ

おすすめの組み合わせ

スクラッチオーネ - レポサドテキーラをベースにライムとグレープフルーツの生果汁、カンパリ、一振りのビターズをブレンドしたカクテル。

リコッタのカナッペ - ライトでクリーミーなリコッタチーズのトースト載せとペペロナータ。

ペアリング

レポサドテキーラ、カンパリ、ピーマンの甘みが、グレープフルーツ、ライム、ペペロナータソースのピリッとした風味を引き立て、絶妙なバランスを描く、お口直しにぴったりの爽やかな組み合わせ。 緑、白、赤の色合いでイタリアの国旗をスマートに表現した点もポイント。

効果の理由

一般に、ボリュームたっぷりの美味しい料理には爽やかな発泡性のドリンクがよく合います。 このリコッタのカナッペの場合、クリーミーなリコッタのコクと煮込んだピーマンの素朴な味わいの組み合わせにバランスよくマッチするのは、ピリッとしたシトラス系のドリンクです。 スクラッチオーネはそれにふさわしいチョイス。カンパリとビターズのハーブ風味にグレープフルーツとライムの酸味が広がります。


Yú Champagne Barのライライチャ カクテルと点心セット

おすすめの組み合わせ

ライライチャ - レモングラス、ライム、さとうきび、ケテルワン ウォッカ、ライチジュース、ウーロン茶を使ったフルーティなカクテル。

点心 - ジューシーなエビの湯葉包み、カブとラディッシュの点心など、人気の高い伝統料理を集めた点心セット。

ペアリング

洗練されているのにほっとするオリエンタル料理は、決して期待を裏切らない、誰もが認める味わい。 ジューシーな点心を食べた後の舌に、ライチとレモングラス(手でつぶすと、さらに風味が広がります)が甘い後味を残します。

効果の理由

カクテルと料理の最高のペアリングは、すでに優れた組み合わせとして認められている素材がインスピレーションになることがあります。 レモングラスとライチは中国料理では親しみのある味であり、点心料理は儀式としてのお茶の存在なしには完成しません。

フルーティで甘い味わいの中に柑橘類の爽快な風味が効いたライライチャは、Yú Champagne Bar特製のクリエイティブで心温まる点心料理に絶妙にマッチします。

Hide Yamamotoレストランの日本酒大吟醸 鬼かんと寿司プレート

おすすめの組み合わせ

日本酒大吟醸 鬼かん - 長野県から直輸入した、日本酒の最高峰として知られる大吟醸。なめらかでコクがあり、薫り高くフルーティな味わい。

寿司 - 築地の魚市場の脂の乗ったマグロ、北海道の魚市場のホタテやウニなど、週2回レストランに空輸される食材を使用しています。

ペアリング

Hide Yamamotoは、日本の2つの珠玉の珍味を極めて複雑に味合わせてくれます。 寿司をほおばりお酒をすするたびに、極上の味わいや質感が幾重にも重なり、美味しさが広がります。

効果の理由

寿司のベースは酢飯なので、米を発酵させて蒸留して作る日本酒が相性抜群なのも不思議ではありません。 脂の乗ったサーモンやマグロの寿司には、ネタの風味や質感が負けてしまうことのない吟醸や大吟醸のような軽めの日本酒が合います。

高級大吟醸の鬼かんは、かすかな甘みとさりげない口直しになる酸味を感じる繊細でなめらかな口当たりで、Hide Yamamotoを代表する脂の乗ったマグロのにぎりにぴったりのチョイスです。