「LOUIS VUITTON SERIES 3」展で豪華なひとときを

SERIES 1とSERIES 2に続き、ファッションショーをモダンで意外性たっぷりにアレンジした展覧会。Louis Vuittonのレディースコレクション アーティスティックディレクター、ニコラ・ジェスキエールが手掛ける4回目のプレタポルテショーを生んだインスピレーションをご紹介しました。アジア初の出展となるSERIES 3では、フィジカルでインタラクティブな体験ができる、それぞれに特徴的な複数の部屋を巡り、Louis Vuittonの世界を「旅」するにつれて、アイコニックなブランドの本質が見えてきました。

入場料は無料。2015年11月28日から12月23日まで、ザ ショップス アット マリーナベイ・サンズのクリスタルパビリオン南で一般公開されました。日曜日から木曜日は午前11時から午後11時まで、金曜日と土曜日は午前11時から午後11時30分まで、毎日オープンしていました。

達人の心

部屋の真ん中にあるのは、ニコラ・ジェスキエールの制作過程とインスピレーションが詰まったLouis Vuittonのトランク。このトランクには、その誕生から1世紀を超えてなお、Louis Vuittonの貴重な秘密の数々や、ニコラ・ジェスキエールの新しい秘密の多くが隠されていました。そのトランクが開けられ、すべての秘密が明らかに...

アーティストの手

職人の一つひとつの作業はまさに芸術。来場者はLouis Vuittonの技の真髄に触れ、熟練の手がLouis Vuittonのアイコンに命を吹き込む様子を見学しました。すべての製品は無数の工程を経て作られています。来場者はLouis Vuittonの新しいクラシックアイテム、ラ プティット マルとドラを職人が制作する過程をリアルタイムで追いました。

果てしないショー

来場者は2015/2016秋冬ファッションショーが実際に開催されたLouis Vuitton財団でのショーの熱狂を追体験しました。48のルック、バックステージには パット・マグラスに師事する30人のメイクアップアーティスト、ポール・ハンロンに師事する25人のヘアメイクアーティスト、45人の着付け係、そして1人のデザイナー、ニコラ・ジェスキエール。最初にステージに登場したのはフレジャ・ベハ。白のシープスキンのコート、手にはシルバーのエピのEchappée Belleトランク、ブラックレザーの「マスターピース」アンクルブーツというルックに身を包んでいました。

アクセサリーギャラリー

「ずっとアクセサリーをデザインするのが大好きでした。私にとってアクセサリーは、単独で完成するものではなく、複数のアクセサリーに一貫したテーマがあるべきだと考えています。スタイルを崩すにしろ、補うにしろ、コーディネートに欠かせない要素です。アクセサリーと服は、感情や動きを共有しています。これらのすべての要素を完全に構成したものがシルエットです。」 - ニコラ・ジェスキエール

ウォークイン ワードローブ

ガラスケースに仕舞い込まれた服が、手にとられた瞬間に息を吹き返しました。服は、それを手に入れたいと願う女性に語りかけました。それは、彼女が聞きたい物語、彼女がなりたい女性の物語。ワードローブ、それは無数の可能性に通じる扉。

ものづくりの物語

一つひとつの作品を支える「手」となって、その工程を体験してください。来場者はLouis Vuittonの職人と間近に接し、「手」だけで美を生み出すアトリエでの仕事を体験することができました。そこでは時間が止まったまま。

ラウンジ

来場者は発見の旅をクリスタルパビリオン南からマリーナベイの海やシンガポールのスカイラインの絶景を見下ろす、世界初のLouis Vuittonポップアップラウンジで終えます。SERIES 3での特別なひとときに思いを馳せながら、シャンパンや美味しい軽食を楽しみました。 

Louis VuittonプレゼンツSERIES 3、ユルゲン・テラー

 

Marina Bay Sandsで開催されている「Louis Vuitton SERIES 3」展の詳細については、Louis Vuittonのウェブサイトをご覧ください。