ゴードン・ラムゼイのシンガポール駆け足旅

セレブリティシェフ ゴードン・ラムゼイが、一日の駆け足滞在のためにシンガポールに帰ってきました。この有名なオーナーシェフは、経営幹部クラスの参加者たちと交流を深めながら風光明媚な朝のサイクリングを楽しんだ後、Marina Bay Sandsにある彼のレストランBread Street Kitchenで朝食を満喫しました。

ミシュランの星に輝くシェフでありながらリアリティーテレビ番組のパーソナリティもこなす、疲れ知らずのゴードン・ラムゼイは最近、たった一日の滞在にめいいっぱいの活動を詰め込んだシンガポールの旅を楽しみました。

ラムゼイシェフは1月18日(月曜日)の夕方に仕事でシンガポールを訪れ、自身のレストランBread Street Kitchenでチームとのミーティングを行い、ゲストとの交流を図りました。

翌朝は午前6時から意欲的に活動を開始。経営幹部クラスの20人とともに自転車にまたがり、交流を楽しみながらMarina Bay Sandsからチャンギ空港までを1時間で往復しました。

このサイクリングには、Vodafoneアジア社長のベン・エルムズ、Marina Bay Sands飲食部門担当バイスプレジデントのタミール・シャネルなどが参加しました。参加者は、朝から交流と運動を楽しんだ後、Bread Street Kitchenで朝食と搾りたてのフルーツジュースでエネルギーを補給しました。

その後ラムゼイシェフは、今年ミシュランガイドのシンガポール版が誕生することの喜びと、それがシンガポールのフードツーリズム産業に与えるプラスの効果について、ストレーツタイムズ紙に語りました。

夜には、セレブリティシェフ ウルフギャング・パックが最近オープンしたSpagoで食事を楽しみ、ソーシャルメディアでこのレストランのラクサ風鯛のグリルのヌードルを称賛しました。

ドバイに向けてシンガポールを発つ前の最後の投稿では、チャンギ空港でバギーを運転する自身の写真をアップして、多忙な一日をこなしてなお元気いっぱいの姿を見せつけました。

ラムゼイシェフ、来てくださってありがとうございました。またすぐに帰ってきてくれますように!