チーム アイアンマンに挑むチーム キャップ

4月21日の朝、マーベル製作「シビルウォー/キャプテンアメリカ」の東南アジア記者会見で意気揚々とした表情を見せるチーム キャップの出演陣、クリス・エヴァンス(キャプテンアメリカ)、セバスチャン・スタン(ウィンターソルジャー)、アンソニー・マッキー(ファルコン) が、この夜Marina Bay Sandsで開催される大ヒット映画の東南アジアプレミア&ブルーカーペットに向けて、ライバルのチーム アイアンマンに一撃を浴びせました。

クリス・エヴァンスは、4月18日に投稿された動画でロバート・ダウニー・Jrがチーム アイアンマンのカラーでエッフェル塔に点灯していることを引き合いに出して、「ダウニーがパリでやったことを見ました。」と言いました。「チーム キャップとシンガポールがこれから派手に反撃します。」

チーム キャップの頼りになるクルー、アンソニー・マッキーは「チーム アイアンマンは記者会見からスパ、スパからジェット機へと贅沢三昧です。」とさらに強烈なジョークを飛ばし、「アイアンマンのスーツはコカコーラの缶のようだし、ビジョンはマジックマーカーみたいで、ウォーマシンはごみ箱、ブラックパンサーはミシュランタイヤそっくりだ。」と付け加えました。

 

チーム アイアンマンに一撃を浴びせるチーム キャップを見る

ジョー・ルッソ監督は俳優陣をSands Expo and Convention Centerのステージに上げ、マーベル製作の「シビルウォー/ キャプテンアメリカ」は、これまでのマーベルの映画の世界の集大成であり、2018年と2019年に2部構成で公開が予定されているマーベルの「アベンジャーズ: インフィニティ・ウォー」のストーリーのお膳立てとなる作品なので、ファンは必見だと語りました。

「これまでにないスケールで長いストーリーを展開します。」とルッソ監督は述べました。「登場人物たちは最終的に非常に複雑な境遇に置かれることになります。」

この映画を一言で表すよう求められると、セバスチャン・スタンは 「傷心」という言葉を選び、クリス・エヴァンスは 「空前絶後」と付け加えました。さらにアンソニー・マッキーが 「目にもの見せてやる」と言うと会場が笑いで包まれました。

マーベル製作の「シビルウォー/キャプテンアメリカ」は、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011年) および「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014年) の続編です。本作ではマーベルの「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のその後を追い、対立する2つの陣営に分かれたアベンジャーズを描きます。チーム キャップとチーム アイアンマンが対決してスーパーヒーローの最終決戦を繰り広げ、アクション満載の17分間の空港での戦いでクライマックスを迎えます。

Marina Bay Sandsでは、4月21日の午後6時からアイススケートリンクにて、東南アジアプレミア&ブルーカーペットも開催され、数千人のファンがブルーカーペットを歩くスターと監督に盛大な声援を送りました

マーベル製作の「シビルウォー/ キャプテンアメリカ」は2016年4月28日公開です。