新作映画DISTANCEのプレミア試写会に出席したアンソニー・チェンとアジアのセレブたち 

2016年1月21日~24日、アートステージシンガポールがマリーナベイ・サンズに帰ってきました。今回で6回目を迎えるこのイベントを皮切りに、シンガポールの国内外で活躍する著名なアーティストや新進気鋭のアーティストの各種展覧会を控えた世界のアートシーズンが幕を開けました。

32か国143のギャラリーが参加するこの4日間のイベントは、地域のアート市場の発展を促進し東南アジアのコンテンポラリーアートに対する国際的な関心を高める場となりました。今年の展示アーティストの一人、Svay Sarethは、先日2016年プルデンシャルアイアワードで「Overall Best Emerging Artist」賞を受賞。物議を醸す作品「Amorous」は、昨年のアートステージで160万米ドルで買い取られました。今年はハーストが再び登場しました。手術用メスの刃や縫合用針などの手術用器具を使ったシンガポールの入り組んだ地図など、挑発的な作品が出品されました。

考えさせられる優れたコンテンポラリーアート作品が展示されました。ギャラリーで1月20日に開催された限定プレビューから、主な作品を以下にご紹介します。

 

2016年1月21日~24日、アートステージシンガポールがMarina Bay Sandsに帰ってきます。今回で6回目を迎えるこのイベントを皮切りに、シンガポールの国内外で活躍する著名なアーティストや新進気鋭のアーティストの各種展覧会を控えた世界のアートシーズンが幕を開けます。

32ヶ国143のギャラリーが参加するこの4日間のイベントは、地域のアート市場の発展を促進し東南アジアのコンテンポラリーアートに対する国際的な関心を高める場となります。

今年の展示アーティストの一人、Svay Sarethは、先日2016年プルデンシャルアイアワードで「Overall Best Emerging Artist」賞を受賞。物議を醸す作品「Amorous」は、昨年のアートステージで160万米ドルで買い取られました。今年はハーストが再び登場します。手術用メスの刃や縫合用針などの手術用器具を使ったシンガポールの入り組んだ地図など、挑発的な作品が出品されます。

アートステージシンガポールは期間限定で現在開催中です。考えさせられる優れたコンテンポラリーアート作品が展示されています。ギャラリーで1月20日に開催された限定プレビューから、主な作品を以下にご紹介します。

今すぐチケットを購入